下位打線“降格”で奮起 広島2年目・田中広輔を徹底解剖

公開日:  更新日:

 これまで1番を任されてきた田中広輔(25)だが、10日の西武戦で7番に降格すると、満塁から走者一掃の適時二塁打を2本。1試合6打点と爆発した。12日のソフトバンク戦でも二回に先制2ラン。13日現在、規定打席回数以上だとチームトツプの打率.286をマークしている。

■適応能力

 JR東日本の恩師・堀井哲也監督が言う。

「遊撃の守備力が安定していたから入社してすぐにレギュラー。年間110試合、オープン戦も全部出しました。調子が悪くても悪いなりに1、2安打するとか、能力を発揮できる実戦派。12年、13年と全日本メンバーに選ばれたんですね。私はコーチで帯同したんですが、海外遠征でみんなが食事や時差などの環境の変化に苦しむ中、ビクともしなかったのは田中くらい。たくましさを感じましたね。順応、適応能力が高いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る