下位打線“降格”で奮起 広島2年目・田中広輔を徹底解剖

公開日: 更新日:

 これまで1番を任されてきた田中広輔(25)だが、10日の西武戦で7番に降格すると、満塁から走者一掃の適時二塁打を2本。1試合6打点と爆発した。12日のソフトバンク戦でも二回に先制2ラン。13日現在、規定打席回数以上だとチームトツプの打率.286をマークしている。

■適応能力

 JR東日本の恩師・堀井哲也監督が言う。

「遊撃の守備力が安定していたから入社してすぐにレギュラー。年間110試合、オープン戦も全部出しました。調子が悪くても悪いなりに1、2安打するとか、能力を発揮できる実戦派。12年、13年と全日本メンバーに選ばれたんですね。私はコーチで帯同したんですが、海外遠征でみんなが食事や時差などの環境の変化に苦しむ中、ビクともしなかったのは田中くらい。たくましさを感じましたね。順応、適応能力が高いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る