イチロー自己ワーストタイの25打席連続無安打 放出候補に

公開日: 更新日:

 エース右腕の復帰をバットで祝うことはできなかった。

 マーリンズ・イチロー(41)が2日(日本時間3日)のジャイアンツ戦に「7番・右翼」で2戦ぶりにスタメン出場し、2打数無安打2四球。6月18日のヤンキース戦で三塁への内野安打を放ったのを最後に当たりが止まり、これで25打席連続無安打。マリナーズ時代の12年6月30日~7月7日に記録した自己ワーストに並んだ。打率は2割5分8厘に下げた。

 この日は13年に12勝(6敗)をマークして新人王を獲得しながらトミー・ジョン手術(腱の再建)を受けて離脱していたエース右腕のホセ・フェルナンデス(22)が約1年2カ月ぶりに復帰。6回を7安打3失点で今季初勝利を挙げた。五回には相手の先発右腕ケインから左翼スタンドに叩き込む一発を放つなど、復帰初戦で投打にわたる活躍を見せた。ナ・リーグ東地区でフィリーズとともに最下位争いを演じるチームにとってエース右腕の復活は好材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る