• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー自己ワーストタイの25打席連続無安打 放出候補に

 エース右腕の復帰をバットで祝うことはできなかった。

 マーリンズ・イチロー(41)が2日(日本時間3日)のジャイアンツ戦に「7番・右翼」で2戦ぶりにスタメン出場し、2打数無安打2四球。6月18日のヤンキース戦で三塁への内野安打を放ったのを最後に当たりが止まり、これで25打席連続無安打。マリナーズ時代の12年6月30日~7月7日に記録した自己ワーストに並んだ。打率は2割5分8厘に下げた。

 この日は13年に12勝(6敗)をマークして新人王を獲得しながらトミー・ジョン手術(腱の再建)を受けて離脱していたエース右腕のホセ・フェルナンデス(22)が約1年2カ月ぶりに復帰。6回を7安打3失点で今季初勝利を挙げた。五回には相手の先発右腕ケインから左翼スタンドに叩き込む一発を放つなど、復帰初戦で投打にわたる活躍を見せた。ナ・リーグ東地区でフィリーズとともに最下位争いを演じるチームにとってエース右腕の復活は好材料だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る