国交回復宣言の裏でMLBに立ちはだかるキューバの“組織”とは

公開日:  更新日:

 7月1日、米国のオバマ大統領は、20日に米国とキューバが双方の首都に大使館を再開させ、両国は1961年以来54年ぶりに国交を回復させると発表した。

 しかし、外交の世界では「実態はそれほどでもないのに成果を大きく見せる」という手法が頻用されているだけに、今回の大使館の再開だけを取り上げて米国とキューバの国交回復が実現したと考えるのは早計である。

 米国政府はキューバへの経済制裁を解除していないし、キューバ側が要求するグアンタナモ海軍基地の返還にも応じる姿勢を示していないからだ。

 中国とロシアが経済の低迷するキューバに接近したことに危機感を抱いたオバマが、ベン・ローズ大統領次席補佐官ら側近を通して水面下で交渉を重ねた結果が今回の「国交回復」である。

 外交を所管する国務省が表立って動けば、キューバに対して強硬な態度を維持することを求める議会多数派の共和党の反発を招き、交渉が頓挫する可能性があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る