国交回復宣言の裏でMLBに立ちはだかるキューバの“組織”とは

公開日:  更新日:

 7月1日、米国のオバマ大統領は、20日に米国とキューバが双方の首都に大使館を再開させ、両国は1961年以来54年ぶりに国交を回復させると発表した。

 しかし、外交の世界では「実態はそれほどでもないのに成果を大きく見せる」という手法が頻用されているだけに、今回の大使館の再開だけを取り上げて米国とキューバの国交回復が実現したと考えるのは早計である。

 米国政府はキューバへの経済制裁を解除していないし、キューバ側が要求するグアンタナモ海軍基地の返還にも応じる姿勢を示していないからだ。

 中国とロシアが経済の低迷するキューバに接近したことに危機感を抱いたオバマが、ベン・ローズ大統領次席補佐官ら側近を通して水面下で交渉を重ねた結果が今回の「国交回復」である。

 外交を所管する国務省が表立って動けば、キューバに対して強硬な態度を維持することを求める議会多数派の共和党の反発を招き、交渉が頓挫する可能性があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る