国交回復宣言の裏でMLBに立ちはだかるキューバの“組織”とは

公開日: 更新日:

 7月1日、米国のオバマ大統領は、20日に米国とキューバが双方の首都に大使館を再開させ、両国は1961年以来54年ぶりに国交を回復させると発表した。

 しかし、外交の世界では「実態はそれほどでもないのに成果を大きく見せる」という手法が頻用されているだけに、今回の大使館の再開だけを取り上げて米国とキューバの国交回復が実現したと考えるのは早計である。

 米国政府はキューバへの経済制裁を解除していないし、キューバ側が要求するグアンタナモ海軍基地の返還にも応じる姿勢を示していないからだ。

 中国とロシアが経済の低迷するキューバに接近したことに危機感を抱いたオバマが、ベン・ローズ大統領次席補佐官ら側近を通して水面下で交渉を重ねた結果が今回の「国交回復」である。

 外交を所管する国務省が表立って動けば、キューバに対して強硬な態度を維持することを求める議会多数派の共和党の反発を招き、交渉が頓挫する可能性があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る