日本人大打撃…米キューバ国交回復でメジャーが“狭き門”に

公開日:  更新日:

「歴史的な一歩だ」

 米国のオバマ大統領が1日、米国とキューバ両政府が大使館を再開、54年ぶりに国交を回復させると言った。

 だからといって、キューバの選手がすぐにメジャーでプレーできるわけではない。両国間にはまだ、クリアすべきさまざまな問題が山積している。議会は上院下院とも国交回復に否定的な共和党が優位でもある。

 とはいえ、これまで亡命しか手段のなかったキューバ人選手が、大手を振ってメジャーでプレーできるようになる状況に大きく近づいたのは間違いない。

 キューバ人選手は身体能力が飛び抜けて高い。中でも野手の実力は折り紙つき。昨年打率2割9分6厘をマークしたプイグ(ドジャース)、100打点のセスペデス(タイガース)らは、すでにチームの中心選手の位置付けだ。投手はともかく、これまでメジャーで物にならなかった日本人野手は枚挙にいとまがない。ただでさえ力不足なのにキューバ人野手が続々海を渡るようになれば、いよいよ働き場所も制限されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る