日本人大打撃…米キューバ国交回復でメジャーが“狭き門”に

公開日: 更新日:

「歴史的な一歩だ」

 米国のオバマ大統領が1日、米国とキューバ両政府が大使館を再開、54年ぶりに国交を回復させると言った。

 だからといって、キューバの選手がすぐにメジャーでプレーできるわけではない。両国間にはまだ、クリアすべきさまざまな問題が山積している。議会は上院下院とも国交回復に否定的な共和党が優位でもある。

 とはいえ、これまで亡命しか手段のなかったキューバ人選手が、大手を振ってメジャーでプレーできるようになる状況に大きく近づいたのは間違いない。

 キューバ人選手は身体能力が飛び抜けて高い。中でも野手の実力は折り紙つき。昨年打率2割9分6厘をマークしたプイグ(ドジャース)、100打点のセスペデス(タイガース)らは、すでにチームの中心選手の位置付けだ。投手はともかく、これまでメジャーで物にならなかった日本人野手は枚挙にいとまがない。ただでさえ力不足なのにキューバ人野手が続々海を渡るようになれば、いよいよ働き場所も制限されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る