マートン絶不調で囁かれる阪神「キューバ選手に食指」情報

公開日: 更新日:

 これじゃあ年俸に見合わない。

 19日の巨人戦に敗れた阪神は、この日もマートンが大ブレーキ。この3連戦は9タコ。開幕から打率.218、0本塁打、6打点とサッパリである。

 マートンは昨オフ、阪神助っ人史上最高額となる年俸390万ドル(約4億6800万円)の1年契約を結んだ。もともと長打力に欠け(本塁打は過去5年で13年の19本塁打が最高)、守備もうまくない。安打を打ち、好機で打点を挙げてナンボの選手だけに、このままいけばオフに大減俸どころか解雇もありうる。

 阪神が新助っ人獲得に乗り出すとすれば、キューバも視野に入ってくるだろう。1月、高野球団本部長らがキューバを訪問。投手を中心に獲得調査を行った。すでにキューバ詣でを済ませている。

 先日、DeNAと契約していたグリエルが来日を拒否して解雇になったとはいえ、キューバは来季(今秋)の国内リーグ開幕を9月にし、来年3月のオープン戦の頃には日本球団に合流できるよう調整を進めている。昨季開幕日の9月22日よりもさらに前倒しする可能性もゼロではないという。今年7月に行われる国際大会は2年に1度。来年はほぼフルシーズンで働けると、キューバ側が日本に擦り寄っているのだ。それにホイホイと乗る可能性が阪神にはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る