マートン絶不調で囁かれる阪神「キューバ選手に食指」情報

公開日:  更新日:

 これじゃあ年俸に見合わない。

 19日の巨人戦に敗れた阪神は、この日もマートンが大ブレーキ。この3連戦は9タコ。開幕から打率.218、0本塁打、6打点とサッパリである。

 マートンは昨オフ、阪神助っ人史上最高額となる年俸390万ドル(約4億6800万円)の1年契約を結んだ。もともと長打力に欠け(本塁打は過去5年で13年の19本塁打が最高)、守備もうまくない。安打を打ち、好機で打点を挙げてナンボの選手だけに、このままいけばオフに大減俸どころか解雇もありうる。

 阪神が新助っ人獲得に乗り出すとすれば、キューバも視野に入ってくるだろう。1月、高野球団本部長らがキューバを訪問。投手を中心に獲得調査を行った。すでにキューバ詣でを済ませている。

 先日、DeNAと契約していたグリエルが来日を拒否して解雇になったとはいえ、キューバは来季(今秋)の国内リーグ開幕を9月にし、来年3月のオープン戦の頃には日本球団に合流できるよう調整を進めている。昨季開幕日の9月22日よりもさらに前倒しする可能性もゼロではないという。今年7月に行われる国際大会は2年に1度。来年はほぼフルシーズンで働けると、キューバ側が日本に擦り寄っているのだ。それにホイホイと乗る可能性が阪神にはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る