4月先発7度 中日バルデスを駆り立てるキューバ時代の過去

公開日:  更新日:

 7度目の先発でも報われなかった。

 30日、中日の新助っ人左腕バルデス(37)が中4日で巨人戦に先発。村田に3点本塁打を浴びるなど、七回途中5失点で降板。3敗目を喫し、今季初勝利はまたも、おあずけとなった。

 年齢を感じさせないタフさがウリだ。4月8日のヤクルト戦(神宮)は気温3度と冷え込む中、半袖で登板して驚かせたが、本人は「チームが必要とするときに投げる。行けと言われたらいつでも投げる」と気合十分。

 その言葉通り、今季は中4日が4回、中5日が3回のフル回転で、すべての試合で6イニング以上を投げて、投球回数はリーグトップの46回3分の1。防御率2.53と安定感もある。しかも、4月終了時に7度の先発登板をこなしたのは1964年以来、実に51年ぶりという記録。中5日、中6日の登板間隔が当たり前になったこの時代に達成されるとは、過去のレジェンドたちもビックリだろう。これで年俸4800万円プラス出来高なら、お買い得である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る