• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4月先発7度 中日バルデスを駆り立てるキューバ時代の過去

 7度目の先発でも報われなかった。

 30日、中日の新助っ人左腕バルデス(37)が中4日で巨人戦に先発。村田に3点本塁打を浴びるなど、七回途中5失点で降板。3敗目を喫し、今季初勝利はまたも、おあずけとなった。

 年齢を感じさせないタフさがウリだ。4月8日のヤクルト戦(神宮)は気温3度と冷え込む中、半袖で登板して驚かせたが、本人は「チームが必要とするときに投げる。行けと言われたらいつでも投げる」と気合十分。

 その言葉通り、今季は中4日が4回、中5日が3回のフル回転で、すべての試合で6イニング以上を投げて、投球回数はリーグトップの46回3分の1。防御率2.53と安定感もある。しかも、4月終了時に7度の先発登板をこなしたのは1964年以来、実に51年ぶりという記録。中5日、中6日の登板間隔が当たり前になったこの時代に達成されるとは、過去のレジェンドたちもビックリだろう。これで年俸4800万円プラス出来高なら、お買い得である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る