日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

高橋由伸 1日1000スイングで8キロ増

 今では、「大ちゃん」なんて呼んできます。

 巨人の高橋由伸は年齢では僕が4歳上ですが、もう友達のような関係。現役時代から食事にゴルフとグラウンド外でも親しく付き合った仲です。

 彼が鳴り物入りで入団してきた98年、春のキャンプで最初に打撃練習を見たときは、本当に驚きましたね。当時は180センチ、79キロと線が細く、プロの体と言うにはまだ頼りなかったものの、打球の鋭さはチームでもトップクラス。なにより、ほとんどバットの芯を外さないセンスと技術は僕が見た新人選手の中ではダンゼンのナンバーワンで、「総合力では松井(秀喜)の上をいくかも」と思ったくらいです。

 由伸は本当によく練習をします。あの清原和博さんをして「ホンマにようバットを振るよな」と感心させていた由伸はキャンプでは毎日、最低でも1000スイングはしていました。一口に1000スイングと言っても、やり方によっては僕でもできます。途中で片手スイングを入れてみたり、軽く振ってみたり。「毎日1000スイングがノルマ」と胸を張る練習自慢の選手でも実はこの手が少なくないのですが、由伸は最初から最後までフルスイング。当然、下半身はどっしりするし、上半身にもたくましさが出てきます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事