元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

原さんにゲラゲラ笑われた「山手線ゲーム」

公開日:  更新日:

 2005年のオフに引退を決めた僕が、真っ先に電話をしたのが現巨人監督の原辰徳さんでした。

 この年限りで退任された堀内恒夫監督に代わって原さんの就任が決定。復帰の決まった新監督に筋を通す意味合いもありましたが、それ以上に現役時代から何かと目をかけていただいた原さんに自分の口で報告をしたかったからです。

「そうか。残念だけど、大介はよくやった。立派にやった。ジャイアンツの選手として、胸を張ってユニホームを脱いでいい選手だぞ」

 引退するにあたり、当時の球団代表からねぎらいの言葉をかけてもらえず、巨人での15年間はなんだったんだろう、と悶々としていただけに原さんの言葉は本当にうれしく心に染みました。

 監督としては非常に厳しい原さんですが、現役時代は選手みんなの良き兄貴分。僕が19歳で巨人に入団した91年、33歳の原さんはすでにチームの大看板で別格の存在にもかかわらず、僕のような若手にも分け隔てなく接してくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る