ハム栗山監督悔い残る“迷采配” 「中継ぎ大谷」出し惜しみ敗戦

公開日:  更新日:

 日本ハムの栗山監督は打つ手が早いことで知られる。先発だろうと調子が悪ければ序盤で見切りをつけたがるし、ベンチに代打の切り札がいれば中盤でも積極的に送り出す。使える戦力をベンチに温めたまま負け、あそこで使っておけば良かったと後悔したくないからだそうだ。ときに“勇み足”になることはあっても、それが持ち味のはずだった。

 だとすれば解せないのが前半戦最後の試合となった15日、ソフトバンクとの首位攻防戦での大谷の起用法だ。

 勝てば6連勝で、ゲーム差は1.5。だからこそ総力戦と、大谷を1試合限定で中継ぎ登板させる予定で、実際、ブルペンで準備させた。が、出番はほぼ敗戦の決まった九回裏。それも1死走者なしの場面で、代打での起用だった。

「終盤に勝ち越したら使うつもりだったが、ビハインドなら打者でいくと決めていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る