• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム栗山監督悔い残る“迷采配” 「中継ぎ大谷」出し惜しみ敗戦

 日本ハムの栗山監督は打つ手が早いことで知られる。先発だろうと調子が悪ければ序盤で見切りをつけたがるし、ベンチに代打の切り札がいれば中盤でも積極的に送り出す。使える戦力をベンチに温めたまま負け、あそこで使っておけば良かったと後悔したくないからだそうだ。ときに“勇み足”になることはあっても、それが持ち味のはずだった。

 だとすれば解せないのが前半戦最後の試合となった15日、ソフトバンクとの首位攻防戦での大谷の起用法だ。

 勝てば6連勝で、ゲーム差は1.5。だからこそ総力戦と、大谷を1試合限定で中継ぎ登板させる予定で、実際、ブルペンで準備させた。が、出番はほぼ敗戦の決まった九回裏。それも1死走者なしの場面で、代打での起用だった。

「終盤に勝ち越したら使うつもりだったが、ビハインドなら打者でいくと決めていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る