ハム栗山監督悔い残る“迷采配” 「中継ぎ大谷」出し惜しみ敗戦

公開日: 更新日:

 日本ハムの栗山監督は打つ手が早いことで知られる。先発だろうと調子が悪ければ序盤で見切りをつけたがるし、ベンチに代打の切り札がいれば中盤でも積極的に送り出す。使える戦力をベンチに温めたまま負け、あそこで使っておけば良かったと後悔したくないからだそうだ。ときに“勇み足”になることはあっても、それが持ち味のはずだった。

 だとすれば解せないのが前半戦最後の試合となった15日、ソフトバンクとの首位攻防戦での大谷の起用法だ。

 勝てば6連勝で、ゲーム差は1.5。だからこそ総力戦と、大谷を1試合限定で中継ぎ登板させる予定で、実際、ブルペンで準備させた。が、出番はほぼ敗戦の決まった九回裏。それも1死走者なしの場面で、代打での起用だった。

「終盤に勝ち越したら使うつもりだったが、ビハインドなら打者でいくと決めていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る