日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム栗山監督悔い残る“迷采配” 「中継ぎ大谷」出し惜しみ敗戦

 日本ハムの栗山監督は打つ手が早いことで知られる。先発だろうと調子が悪ければ序盤で見切りをつけたがるし、ベンチに代打の切り札がいれば中盤でも積極的に送り出す。使える戦力をベンチに温めたまま負け、あそこで使っておけば良かったと後悔したくないからだそうだ。ときに“勇み足”になることはあっても、それが持ち味のはずだった。

 だとすれば解せないのが前半戦最後の試合となった15日、ソフトバンクとの首位攻防戦での大谷の起用法だ。

 勝てば6連勝で、ゲーム差は1.5。だからこそ総力戦と、大谷を1試合限定で中継ぎ登板させる予定で、実際、ブルペンで準備させた。が、出番はほぼ敗戦の決まった九回裏。それも1死走者なしの場面で、代打での起用だった。

「終盤に勝ち越したら使うつもりだったが、ビハインドなら打者でいくと決めていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事