日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「全部三振」宣言も 日ハム大谷が“1試合限定”で今季初中継ぎ

「言われたところで気持ちを入れていきたい。中4日? 問題ないと思います。できれば全部三振の方が(抑える)確率は高いですから」

 日本ハムの大谷(21)が移動日のこの日、こう言った。15日、球宴前のソフトバンク戦に1試合限定で中継ぎ登板することを受けてだ。

 10勝目を挙げた前回の西武戦から中4日。中1日か2日で球宴での登板とタイトなスケジュールになるものの、首脳陣には3・5ゲーム差で迎える首位ソフトバンクとの2連戦で大谷を有効活用したい思惑がある。

 登板間隔の問題もあるし、2連戦で有効活用しようと思ったら、本来は野手としてのフル出場がベスト。しかし、最近の成績を見る限り、打つ方は期待薄。それなら1試合で構わないから短いイニングをピシャリと抑えてもらった方が得策ということか。栗山監督は打者よりも投げる方が勝ちに直結しやすいと考えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事