• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「全部三振」宣言も 日ハム大谷が“1試合限定”で今季初中継ぎ

「言われたところで気持ちを入れていきたい。中4日? 問題ないと思います。できれば全部三振の方が(抑える)確率は高いですから」

 日本ハムの大谷(21)が移動日のこの日、こう言った。15日、球宴前のソフトバンク戦に1試合限定で中継ぎ登板することを受けてだ。

 10勝目を挙げた前回の西武戦から中4日。中1日か2日で球宴での登板とタイトなスケジュールになるものの、首脳陣には3・5ゲーム差で迎える首位ソフトバンクとの2連戦で大谷を有効活用したい思惑がある。

 登板間隔の問題もあるし、2連戦で有効活用しようと思ったら、本来は野手としてのフル出場がベスト。しかし、最近の成績を見る限り、打つ方は期待薄。それなら1試合で構わないから短いイニングをピシャリと抑えてもらった方が得策ということか。栗山監督は打者よりも投げる方が勝ちに直結しやすいと考えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る