日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最後の2本で台無し」 ヤンキース田中は7勝目も3被弾反省

 ヤンキース・田中将大(26)が23日(日本時間24日)のオリオールズ戦に登板。7回3分の2を3本塁打含む5安打3失点で7勝目(3敗)を挙げた。

 前回のマリナーズ戦に続くクオリティースタート(QS=6回以上を3自責点以内)で後半戦2連勝をマークしたが、不安の残る内容だった。

 4点を先制した直後の二回。先頭の4番デービスに一発を許すも、その後は危なげない投球を披露。七回、デービスから続く中軸相手に3者連続で空振り三振に仕留めるなど、つけ入る隙を与えない。

 七回まで90球。打線の大量援護にも恵まれて完投ペースで八回のマウンドに立ったが、1死から8番ハーディに甘く入った直球を左中間スタンドに運ばれると、2死後には1番マチャドにもソロ。慌ててマウンドに駆け寄った指揮官から降板を命じられると、憮然とした表情でベンチに引き揚げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事