海外FA権取得直後に米移籍示唆 楽天青山に“本気度”聞いた

公開日: 更新日:

「(権利を行使するかしないか)半々ですね。海外も含めて考えている」

 14日に海外FA権を取得するや、楽天10年目の青山浩二(31)はこう言って報道陣を驚かせた。まだ、ペナントレースの真っ最中。普通は、「シーズンに集中したい。終わってから考えます」と型通りのコメントでお茶を濁すものだが、青山は「成功するしないではなく、行きたいか行きたくないか」と続けた。それだけメジャー志向が強いということだろう。改めて、31歳の中継ぎ右腕の本音を聞いてみた。

――海外FA権を取得した直後に、メジャー移籍の可能性を示唆しましたが。

「お話ししたとおりです。メジャーに行けるチャンスがあれば、それも考えたいです」

――メジャーへの思いが強くなったのはいつ頃から?

「今年の春先ですね。(メジャー経験のある同僚の斎藤)隆さんとオフに自主トレをやって、いろいろと話を聞いたりしてました。隆さんも向こうに行ったのは、30代半ば過ぎ(35歳)。自分にも可能性があるんじゃないかと思いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

  10. 10

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る