35打席ぶり安打のイチロー 打撃絶不調でも“安泰”の根拠

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が8日(日本時間9日)のレッドソックス戦に「9番・右翼」で4戦ぶりにスタメン出場し、4打数1安打。35打席ぶりの安打を放った。

 相手の先発右腕ポーセロに対し、三回の第1打席は見逃し三振に倒れ、連続打席無安打は「34」にまで伸びた。35打席ぶりの安打が出たのは四回。148キロの外角高めの直球に詰まらされながらも野手の手前で落ちる中前打を放った。

 ただ、6月18日のヤンキース戦以来となる安打も、九回には21セーブ目を挙げた上原に力負けして中飛に倒れるなど、依然として本調子からは程遠い。マーリンズが不振のベテラン外野手を使い続けるメリットはないはずだが、切るに切れない事情があるという。

 イチローの加入で本拠地「マーリンズパーク」には日系企業が看板を出し、NHKが中継するなど日本での露出も増えた。マーリンズにとっては球団のビジネス上、イチローは欠かせない存在なのはもちろん、彼に頼らざるを得ないのが現状だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る