日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

35打席ぶり安打のイチロー 打撃絶不調でも“安泰”の根拠

 マーリンズ・イチロー(41)が8日(日本時間9日)のレッドソックス戦に「9番・右翼」で4戦ぶりにスタメン出場し、4打数1安打。35打席ぶりの安打を放った。

 相手の先発右腕ポーセロに対し、三回の第1打席は見逃し三振に倒れ、連続打席無安打は「34」にまで伸びた。35打席ぶりの安打が出たのは四回。148キロの外角高めの直球に詰まらされながらも野手の手前で落ちる中前打を放った。

 ただ、6月18日のヤンキース戦以来となる安打も、九回には21セーブ目を挙げた上原に力負けして中飛に倒れるなど、依然として本調子からは程遠い。マーリンズが不振のベテラン外野手を使い続けるメリットはないはずだが、切るに切れない事情があるという。

 イチローの加入で本拠地「マーリンズパーク」には日系企業が看板を出し、NHKが中継するなど日本での露出も増えた。マーリンズにとっては球団のビジネス上、イチローは欠かせない存在なのはもちろん、彼に頼らざるを得ないのが現状だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事