“投球恐怖症”の西武守護神・高橋朋に元コーチから処方箋

公開日: 更新日:

 日本代表にも選出されたストッパーが「投球恐怖症」に陥っている。

 7月に入ってからというもの、7試合で9失点と不調にあえいでいる西武の守護神高橋朋己(26)。ここまで21セーブを挙げているとはいえ、1勝2敗、防御率3・19。黒星はいずれも7月に入ってからだ。

 かつては「投げるのが楽しかった」という高橋朋だが、今や「投げるのが怖い」と言うありさま。26日には自ら頭を丸刈りにするも、敗戦処理でも1失点。本調子とは言い難く、チーム内では配置転換も検討されている。

■くたくたになるまで練習

 西武でコーチを務めたこともある石井貴氏(評論家)が言う。

「高橋朋は変則的なサイド気味のフォームから、140キロ台後半の速球を投げ込む左腕。他球団の主力打者たちに聞くと、『踏み出した時に、自分の方にすっぽ抜けたボールが来るんじゃないかという恐怖がある』と話していた。打者がそうした高橋朋のフォームに慣れたこともあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る