• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・秋山とSB柳田 「打率4割」の可能性を計算してみた

 パ・リーグの首位打者争いのレベルが高い。連続安打を28試合としリーグ最多132安打の西武・秋山翔吾。17本塁打し最高長打率を誇るソフトバンク柳田悠岐。8日時点で打率.3782、.3776の1位、2位。プロ野球史上初、夢の4割打者誕生の期待を抱かせるのだ。

 実績から残り試合数の打数を予測し、4割に必要な安打数をはじいてみた。

 秋山は残り62試合で115安打(打率.431)が必要。トータル247安打はプロ野球新記録で、打率は.401に到達する。

 柳田は残り67試合で107安打(打率.425)が欲しい。トータル215安打は、イチローが94年に樹立した210安打のパ・リーグ記録を更新。打率は.3996。四捨五入し4割到達となる。

 しかしハードルは高い。両者は今後最終戦まで「7打数3安打」(.429)のペースが求められるからだ。1安打不足すると、次の試合で7打数4安打のペースを要求される。スランプが長引くと不足分が雪だるま式に膨張。夢は瓦解する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る