• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「当面は指名打者」 西武袴田コーチに聞いた森友哉の育成方針

 西武はなぜ2年目の森友哉(19)を捕手として起用しないのか。「将来の正捕手」として13年ドラフト1位で獲得しながら、指名打者での起用ばかり。敵地の交流戦では外野で使う可能性がある。打力がずばぬけているのは周知の通り。課題のリードやキャッチングにしても、実戦で経験を積むのが何よりの早道だ。首脳陣はなぜ森を捕手として教育しようとしないのか、20日の試合前、袴田英利ヘッド兼バッテリーコーチ(59)に聞いた。

――ちょっといいですか?

「どうしました?」

――将来の正捕手として期待する森になぜ、マスクをかぶらせないのでしょう?

「チームの状態がいいですし、森も打撃が好調。それに今は、銀仁朗(炭谷)が投手陣をうまく引っ張ってくれています。それがチームの安定を生んでいる。そういう状況で、無理に森を守らせる必要はないでしょう。森は日々の練習で上達しているとはいえ、まだ経験不足。もっと経験を積んでからでいいという判断です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る