「当面は指名打者」 西武袴田コーチに聞いた森友哉の育成方針

公開日:  更新日:

 西武はなぜ2年目の森友哉(19)を捕手として起用しないのか。「将来の正捕手」として13年ドラフト1位で獲得しながら、指名打者での起用ばかり。敵地の交流戦では外野で使う可能性がある。打力がずばぬけているのは周知の通り。課題のリードやキャッチングにしても、実戦で経験を積むのが何よりの早道だ。首脳陣はなぜ森を捕手として教育しようとしないのか、20日の試合前、袴田英利ヘッド兼バッテリーコーチ(59)に聞いた。

――ちょっといいですか?

「どうしました?」

――将来の正捕手として期待する森になぜ、マスクをかぶらせないのでしょう?

「チームの状態がいいですし、森も打撃が好調。それに今は、銀仁朗(炭谷)が投手陣をうまく引っ張ってくれています。それがチームの安定を生んでいる。そういう状況で、無理に森を守らせる必要はないでしょう。森は日々の練習で上達しているとはいえ、まだ経験不足。もっと経験を積んでからでいいという判断です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る