日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍田中に立ちはだかるサイ・ヤング賞左腕と一発攻勢の壁

 田中の所属するヤンキースには手ごわい相手になりそうだ。

 ア・リーグ東地区のライバルであるブルージェイズが31日のトレード期限を前に、強打のトロイ・トゥロウィツキー内野手(30=前ロッキーズ)、12年のサイ・ヤング賞左腕デイビッド・プライス投手(29=前タイガース)の大物2人を獲得した。

 ブルージェイズは首位ヤンキースと6ゲーム差、オリオールズと並んで地区2位に付けている(30日終了時)。ポストシーズン進出の可能性を残しているため、大型補強に踏み切った。3年ぶりの地区優勝を目指すヤンキースにとっても、ポストシーズンでの登板を目指す田中にとっても、ブルージェイズは高い壁として立ちはだかりそうだ。

 何しろ、プライスはレイズ時代、ヤンキースキラーとして知られた。サイ・ヤング賞の他、最多勝(20勝)、最優秀防御率(2・56)のタイトルを獲得した12年は5試合で3勝1敗、防御率3・06。A・ロドリゲス(対戦打率2割3分9厘)、テシェーラ(同2割1分1厘)と主力打者をカモにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事