ヤ軍田中に立ちはだかるサイ・ヤング賞左腕と一発攻勢の壁

公開日:  更新日:

 田中の所属するヤンキースには手ごわい相手になりそうだ。

 ア・リーグ東地区のライバルであるブルージェイズが31日のトレード期限を前に、強打のトロイ・トゥロウィツキー内野手(30=前ロッキーズ)、12年のサイ・ヤング賞左腕デイビッド・プライス投手(29=前タイガース)の大物2人を獲得した。

 ブルージェイズは首位ヤンキースと6ゲーム差、オリオールズと並んで地区2位に付けている(30日終了時)。ポストシーズン進出の可能性を残しているため、大型補強に踏み切った。3年ぶりの地区優勝を目指すヤンキースにとっても、ポストシーズンでの登板を目指す田中にとっても、ブルージェイズは高い壁として立ちはだかりそうだ。

 何しろ、プライスはレイズ時代、ヤンキースキラーとして知られた。サイ・ヤング賞の他、最多勝(20勝)、最優秀防御率(2・56)のタイトルを獲得した12年は5試合で3勝1敗、防御率3・06。A・ロドリゲス(対戦打率2割3分9厘)、テシェーラ(同2割1分1厘)と主力打者をカモにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る