七回にタイムリー 早実・清宮甲子園デビュー戦「全打席詳報」

公開日:  更新日:

 地を這う痛烈な打球が一、二塁間を抜けた。早実(西東京)の怪物1年生、清宮幸太郎の甲子園デビュー戦。初安打が出たのは七回の第4打席だった。3―0で迎えた1死二塁の好機、初球だった。外寄りの125キロのストレートを強振すると、打球はアッという間に右前にはずみ、貴重な追加点となる4点目を叩きだした。

 難産だった。注目の初打席は初回、いきなり1死二塁のチャンスで回ってきたが、結果は平凡な一飛に終わった。

 相手は春夏連続出場の今治西(愛媛)。183センチの長身から投げ下ろす球威ある直球を武器とするエース藤原睦(3年)が投じた3球目、カウント1-1から135キロの真ん中高めのボール球に思わず手が出た。

 注目の清宮がデビューを果たした甲子園周辺は前夜から異様な雰囲気に包まれた。入場券を求めるファンが列をなし、この日の午前6時前にはその最後尾が約200メートル先の阪神甲子園駅の改札付近まで達した。高野連は急きょ、通常より40分早い6時20分に開門。試合開始時には満員の4万7000人のファンでスタンドが埋まった。午前8時開始の第1試合での「満員通知」は異例のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る