七回にタイムリー 早実・清宮甲子園デビュー戦「全打席詳報」

公開日: 更新日:

 地を這う痛烈な打球が一、二塁間を抜けた。早実(西東京)の怪物1年生、清宮幸太郎の甲子園デビュー戦。初安打が出たのは七回の第4打席だった。3―0で迎えた1死二塁の好機、初球だった。外寄りの125キロのストレートを強振すると、打球はアッという間に右前にはずみ、貴重な追加点となる4点目を叩きだした。

 難産だった。注目の初打席は初回、いきなり1死二塁のチャンスで回ってきたが、結果は平凡な一飛に終わった。

 相手は春夏連続出場の今治西(愛媛)。183センチの長身から投げ下ろす球威ある直球を武器とするエース藤原睦(3年)が投じた3球目、カウント1-1から135キロの真ん中高めのボール球に思わず手が出た。

 注目の清宮がデビューを果たした甲子園周辺は前夜から異様な雰囲気に包まれた。入場券を求めるファンが列をなし、この日の午前6時前にはその最後尾が約200メートル先の阪神甲子園駅の改札付近まで達した。高野連は急きょ、通常より40分早い6時20分に開門。試合開始時には満員の4万7000人のファンでスタンドが埋まった。午前8時開始の第1試合での「満員通知」は異例のことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る