男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

公開日: 更新日:

 人気の秘密はギャラリーに喜んでもらうための「おもてなし」にあるといってよいだろう。ファンケルは化粧品、健康食品、サプリメントなどの販売会社だ。そうした自社製品をセットにしたプレゼントがギャラリーのために用意されている。

 お土産をもらって会場内に入っていくと、無料で飲めるドリンクコーナーには長い列ができている。さらに進んでいくと、血液チェックコーナーとか洗顔パウダーの体験コーナーなどで大勢の人が順番を待っている。さらには子供たちのためのゲームコーナーや遊びの広場も用意されてある。

 ゴルフをやるお父さんは試合を見て、ゴルフに無縁の家族も飽きさせないような工夫が凝らされているわけだ。

■お客を呼べる「役者」いないからこそ

 シニアの試合の中にはもうひとつ、注目を浴びている試合がある。中古クラブ販売で知られるゴルフパートナーが冠スポンサーになって、3年前から開催されている日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権ゴルフパートナーカップ。2日間の試合で、今年(よみうりCC)の観客数は8894人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る