日本人からスピースのような“グッドルーザー”なぜ現れず?

公開日: 更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

「グッドルーザー」という言葉がスポーツの世界ではよく出てくる。ルーザーは敗者のこと。グッドルーザーは「負けても潔い人」のこと。

 プロ3年目ですでにマスターズと全米オープンを制しているジョーダン・スピースは年間グランドスラムに向かって、全英オープンでも最後まで優勝を争ったが1打及ばず、プレーオフに加われなかった。しかし、ホールアウトした彼の表情はさわやかだった。そして「最初に優勝を称えてくれたのがジョーダンだった」と、優勝したザック・ジョンソンは言っている。

 今年最後のメジャー・全米プロでもスピースは優勝争いに加わったが、ジェイソン・デイをとらえることはできずに2位だった。それでもいつもと変わらぬさわやかな表情で「最高の負けだ。3打縮めればプレーオフ、4打なら勝てると思ったが、勝てなかった。今日はデイの日だった」と、勝者を称えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る