男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

公開日:  更新日:

コラム【日本のゴルフを斬る】

 男子ツアーの長い夏休みがようやく終わろうとしている。7月第4週のダンロップ・スリクソン福島オープンの後、8月第4週のRIZAP KBCオーガスタまで実に4週間の開店休業。

 その間に、8月は「シニアの元気が日本の元気」の「ファンケルクラシック」が今年も3日間で2万1915人のギャラリーを集めた。最終日は8600人。これは近くの御殿場から一山越えて、箱根・仙石原の大箱根CCで同じ週に開催された女子ツアーCATレディースの4477人より倍近い観客数だ。

 ファンケルクラシックの開催コース・裾野CCは富士山の南に面した愛鷹山の麓に広がるコース。結構アップダウンが多く、試合の1カ月前、仲間とここでプレーした日は異常な蒸し暑さだった。試合を取材に行っていると、見ている人は大変だなあと、いつも思っているコースだ。それなのに、一番暑い盛りの盆休みの時期、どうしてこんなにギャラリーが集まるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る