男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

公開日:  更新日:

コラム【日本のゴルフを斬る】

 男子ツアーの長い夏休みがようやく終わろうとしている。7月第4週のダンロップ・スリクソン福島オープンの後、8月第4週のRIZAP KBCオーガスタまで実に4週間の開店休業。

 その間に、8月は「シニアの元気が日本の元気」の「ファンケルクラシック」が今年も3日間で2万1915人のギャラリーを集めた。最終日は8600人。これは近くの御殿場から一山越えて、箱根・仙石原の大箱根CCで同じ週に開催された女子ツアーCATレディースの4477人より倍近い観客数だ。

 ファンケルクラシックの開催コース・裾野CCは富士山の南に面した愛鷹山の麓に広がるコース。結構アップダウンが多く、試合の1カ月前、仲間とここでプレーした日は異常な蒸し暑さだった。試合を取材に行っていると、見ている人は大変だなあと、いつも思っているコースだ。それなのに、一番暑い盛りの盆休みの時期、どうしてこんなにギャラリーが集まるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る