• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

コラム【日本のゴルフを斬る】

 男子ツアーの長い夏休みがようやく終わろうとしている。7月第4週のダンロップ・スリクソン福島オープンの後、8月第4週のRIZAP KBCオーガスタまで実に4週間の開店休業。

 その間に、8月は「シニアの元気が日本の元気」の「ファンケルクラシック」が今年も3日間で2万1915人のギャラリーを集めた。最終日は8600人。これは近くの御殿場から一山越えて、箱根・仙石原の大箱根CCで同じ週に開催された女子ツアーCATレディースの4477人より倍近い観客数だ。

 ファンケルクラシックの開催コース・裾野CCは富士山の南に面した愛鷹山の麓に広がるコース。結構アップダウンが多く、試合の1カ月前、仲間とここでプレーした日は異常な蒸し暑さだった。試合を取材に行っていると、見ている人は大変だなあと、いつも思っているコースだ。それなのに、一番暑い盛りの盆休みの時期、どうしてこんなにギャラリーが集まるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る