男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

公開日: 更新日:

コラム【日本のゴルフを斬る】

 男子ツアーの長い夏休みがようやく終わろうとしている。7月第4週のダンロップ・スリクソン福島オープンの後、8月第4週のRIZAP KBCオーガスタまで実に4週間の開店休業。

 その間に、8月は「シニアの元気が日本の元気」の「ファンケルクラシック」が今年も3日間で2万1915人のギャラリーを集めた。最終日は8600人。これは近くの御殿場から一山越えて、箱根・仙石原の大箱根CCで同じ週に開催された女子ツアーCATレディースの4477人より倍近い観客数だ。

 ファンケルクラシックの開催コース・裾野CCは富士山の南に面した愛鷹山の麓に広がるコース。結構アップダウンが多く、試合の1カ月前、仲間とここでプレーした日は異常な蒸し暑さだった。試合を取材に行っていると、見ている人は大変だなあと、いつも思っているコースだ。それなのに、一番暑い盛りの盆休みの時期、どうしてこんなにギャラリーが集まるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る