入場者数激減の男子ツアー プロを蝕む危機感ゼロの“病巣”

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 野球やサッカーなど人気のあるスポーツは、自分でやらなくても見に行く人が多い。巨人の2014年入場者数は301万8284人(本拠地開催72試合)だったという。ということは、1試合当たり4万1920人ということになる。

 こうしてみると、野球はやるスポーツというよりは見るスポーツといったほうがよい。これはサッカーにもいえることだ。

 ではゴルフはどうかといえば、アメリカの男子ツアー、たとえばフェニックスオープンなどは4日間の入場者は50万人を超える。米男子ツアーは年間49試合が行われているが、ひとつの州で年に何試合も行われない。

 1試合しかない州もあるので、地域に密着した一大イベントとして開催される。だから、ゴルフをやらない人も大勢見に来る。アメリカではゴルフも「見るスポーツ」として定着しているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る