韓国人プロに勝てない日本人 「アマ時代のコーチで差」の指摘

公開日:  更新日:

 今年の全米女子オープンには日本人選手12人が出場し、うち7人が決勝に進出したというので、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は鼻高々のようだ。

 しかし、半数以上が予選を通過したといっても、トップ10に入ったのは5位タイの大山志保ただ一人。他に上位に入ったのは14位タイの葭葉ルミと20位タイの上原彩子ぐらいなもの。1、2、3位を独占し、5位タイにも入っている韓国選手とは大変な違いだ。

 国内の男女ツアーでも韓国人プロにはなかなか勝てなくなっている。7月の第2週が終わった時点で、賞金ランキングは男女ともに韓国選手がトップに立っている。

 国を挙げて選手を強化しているところに韓国の強さがあるとよくいわれる。日本の選手と比較したとき、一番の違いはやはりスイングにある。

 韓国の選手は男女ともに、アマチュア時代から韓国プロゴルフ協会のコーチに師事している。基本から教わって、物理の法則にのっとったスイングを「学習」してプロになった人たちである。プレッシャーに強いのも理にかなったスイングをしているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る