韓国人プロに勝てない日本人 「アマ時代のコーチで差」の指摘

公開日:  更新日:

 今年の全米女子オープンには日本人選手12人が出場し、うち7人が決勝に進出したというので、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は鼻高々のようだ。

 しかし、半数以上が予選を通過したといっても、トップ10に入ったのは5位タイの大山志保ただ一人。他に上位に入ったのは14位タイの葭葉ルミと20位タイの上原彩子ぐらいなもの。1、2、3位を独占し、5位タイにも入っている韓国選手とは大変な違いだ。

 国内の男女ツアーでも韓国人プロにはなかなか勝てなくなっている。7月の第2週が終わった時点で、賞金ランキングは男女ともに韓国選手がトップに立っている。

 国を挙げて選手を強化しているところに韓国の強さがあるとよくいわれる。日本の選手と比較したとき、一番の違いはやはりスイングにある。

 韓国の選手は男女ともに、アマチュア時代から韓国プロゴルフ協会のコーチに師事している。基本から教わって、物理の法則にのっとったスイングを「学習」してプロになった人たちである。プレッシャーに強いのも理にかなったスイングをしているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る