韓国人プロに勝てない日本人 「アマ時代のコーチで差」の指摘

公開日: 更新日:

 今年の全米女子オープンには日本人選手12人が出場し、うち7人が決勝に進出したというので、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は鼻高々のようだ。

 しかし、半数以上が予選を通過したといっても、トップ10に入ったのは5位タイの大山志保ただ一人。他に上位に入ったのは14位タイの葭葉ルミと20位タイの上原彩子ぐらいなもの。1、2、3位を独占し、5位タイにも入っている韓国選手とは大変な違いだ。

 国内の男女ツアーでも韓国人プロにはなかなか勝てなくなっている。7月の第2週が終わった時点で、賞金ランキングは男女ともに韓国選手がトップに立っている。

 国を挙げて選手を強化しているところに韓国の強さがあるとよくいわれる。日本の選手と比較したとき、一番の違いはやはりスイングにある。

 韓国の選手は男女ともに、アマチュア時代から韓国プロゴルフ協会のコーチに師事している。基本から教わって、物理の法則にのっとったスイングを「学習」してプロになった人たちである。プレッシャーに強いのも理にかなったスイングをしているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る