男子プロツアーはシニアツアーの“おもてなし”を見習うべき

公開日: 更新日:

 この試合は入場料を無料にし、なおかつ無料の食券までついている。ゴルフ初心者にクラブをプレゼントしたり、ショートコースを借り切っての模擬ラウンドを楽しめる「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」といったサービスも付いている。主催が日本プロゴルフ協会なので、参戦している往年の名手たちにワンポイントレッスンを受けられるというのも大きな魅力だ。

 男子の今のレギュラーツアーは試合だけで大勢のギャラリーを魅了する「役者」は皆無に近い。テレビでいえば、ギャラリー数は視聴率のようなもの。シニアツアーを見習って、一人でも多くの人に見に来てもらうためのアイデアを必死になってひねり出さなければならない。

(菅野徳雄/日本ゴルフジャーナリスト協会顧問)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る