81kg級で日本初の金 永瀬貴規が日本柔道の“救世主”に急浮上

公開日:  更新日:

 日本男子柔道に救世主が現れた。27日の世界選手権男子81キロ級を制した永瀬貴規(21=筑波大)である。

 2大会連続2度目の出場でファイナルに駒を進めると、決勝では13年王者のロイク・ピエトリ(フランス)を縦四方固めで畳に沈めた。

 同階級で日本勢が決勝進出を果たしたのは、現在の階級区分になって初めてのことで、金メダル獲得の快挙を成し遂げた。

 グランドスラム東京、ワールドマスターズなど主要な国際大会で優勝しながら、初出場した昨年の世界選手権では5位に終わった。この1年はパワーで勝る海外勢に対抗するため、スピードと寝技に磨きをかけるなどレベルアップを図った。

 若手が頭角を現しただけに男子の井上康生監督は「この階級も(五輪で金を)狙える」と太鼓判を押した。

 男子では長期にわたって苦戦してきた同階級のリオでの躍進なるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る