中村の金1号も深夜にひっそり 世界柔道「録画中継」の裏事情

公開日: 更新日:

 今や日本の「お家芸」はこの程度の扱いか。

 16年リオ五輪まで1年を切ったこともあり、現在、さまざまな競技の大規模大会が真っ盛り。「世界」と名のつく大会だけでも、陸上(中国・北京)、バレー(日本)、柔道(カザフスタン)が同時進行で行われている。

 テレビ各局はこの熱戦を視聴者に届けようと、生放送を中心に番組編成を行っている。が、世界柔道も地上波(フジテレビ系列)で放送されてはいるものの、深夜帯で録画によるものなのだ。しかも、開催地のカザフスタンは新疆ウイグル自治区の北西にあり、時差はたったの3時間しかない。

 柔道は日本古来のスポーツであり、五輪で金メダルが狙える種目でもある。いくら何でも軽視し過ぎではないのか。

 あるテレビ局のディレクターに聞くと、今回の世界柔道の中継についてこんな答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る