• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中村の金1号も深夜にひっそり 世界柔道「録画中継」の裏事情

 今や日本の「お家芸」はこの程度の扱いか。

 16年リオ五輪まで1年を切ったこともあり、現在、さまざまな競技の大規模大会が真っ盛り。「世界」と名のつく大会だけでも、陸上(中国・北京)、バレー(日本)、柔道(カザフスタン)が同時進行で行われている。

 テレビ各局はこの熱戦を視聴者に届けようと、生放送を中心に番組編成を行っている。が、世界柔道も地上波(フジテレビ系列)で放送されてはいるものの、深夜帯で録画によるものなのだ。しかも、開催地のカザフスタンは新疆ウイグル自治区の北西にあり、時差はたったの3時間しかない。

 柔道は日本古来のスポーツであり、五輪で金メダルが狙える種目でもある。いくら何でも軽視し過ぎではないのか。

 あるテレビ局のディレクターに聞くと、今回の世界柔道の中継についてこんな答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る