悲願のはずが…山下氏らIJF理事就任大喜びできない理由

公開日: 更新日:

 これは「終わり」の始まりになるかもしれない。

 国際柔道連盟(IJF)は21日、カザフスタンでの総会で、全日本柔道連盟の山下泰裕副会長と講道館の上村春樹館長の理事就任を全会一致で決めた。17年の役員改選を待たずに、異例ともいえる任期途中での就任は、IJFのビゼール会長による指名理事枠によるもので任期は2年だ。

 ビゼール会長は、非五輪競技を含めた各種の国際スポーツ団体が加盟する「スポーツアコード」の会長も務めていたが、今年4月に採用種目などを巡って国際オリンピック委員会(IOC)を痛烈に批判。ビゼール発言に反発した各競技団体が脱退する事態にまで発展したことなどからスポーツアコードの会長を5月に辞任。スポーツ界における急速な権力の衰えを阻止すべく、IJFの理事復帰を悲願とする柔道発祥国を取り込み、東京五輪へ向けて影響力を残そうという考えだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る