リオでも苦戦必至 世界柔道女子48kg級は3大会ぶり金ならず

公開日: 更新日:

 日本勢2人が表彰台に立ったとはいえ、お先真っ暗だ。

 柔道の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)が24日に開幕し、初日は男女2階級が行われ、女子48キロ級は浅見八瑠奈(27)が決勝でパウラ・パレトに指導の差で敗れ銀メダル。近藤亜美(20)は準々決勝で鄭普涇(韓国)に敗れて敗者復活戦に回り、3位決定戦でナタリア・ブリジダ(ブラジル)を下した。

 10、11年大会を制した浅見は世界ランク2位のパレトに終盤になって押し込まれて、後は防戦一方。攻める姿勢がないと判断されて残り31秒で2度目の指導を受けると、そのまま逃げ切りを許した。

 前回王者の近藤は海外勢に徹底的に研究されたのだろう。得意の払い腰を封じられるなど、鄭に敗れた準々決勝までの3試合は技のポイントを奪えず、持ち味である積極的な攻撃は封じ込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る