リオでも苦戦必至 世界柔道女子48kg級は3大会ぶり金ならず

公開日:  更新日:

 日本勢2人が表彰台に立ったとはいえ、お先真っ暗だ。

 柔道の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)が24日に開幕し、初日は男女2階級が行われ、女子48キロ級は浅見八瑠奈(27)が決勝でパウラ・パレトに指導の差で敗れ銀メダル。近藤亜美(20)は準々決勝で鄭普涇(韓国)に敗れて敗者復活戦に回り、3位決定戦でナタリア・ブリジダ(ブラジル)を下した。

 10、11年大会を制した浅見は世界ランク2位のパレトに終盤になって押し込まれて、後は防戦一方。攻める姿勢がないと判断されて残り31秒で2度目の指導を受けると、そのまま逃げ切りを許した。

 前回王者の近藤は海外勢に徹底的に研究されたのだろう。得意の払い腰を封じられるなど、鄭に敗れた準々決勝までの3試合は技のポイントを奪えず、持ち味である積極的な攻撃は封じ込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る