リオでも苦戦必至 世界柔道女子48kg級は3大会ぶり金ならず

公開日:  更新日:

 日本勢2人が表彰台に立ったとはいえ、お先真っ暗だ。

 柔道の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)が24日に開幕し、初日は男女2階級が行われ、女子48キロ級は浅見八瑠奈(27)が決勝でパウラ・パレトに指導の差で敗れ銀メダル。近藤亜美(20)は準々決勝で鄭普涇(韓国)に敗れて敗者復活戦に回り、3位決定戦でナタリア・ブリジダ(ブラジル)を下した。

 10、11年大会を制した浅見は世界ランク2位のパレトに終盤になって押し込まれて、後は防戦一方。攻める姿勢がないと判断されて残り31秒で2度目の指導を受けると、そのまま逃げ切りを許した。

 前回王者の近藤は海外勢に徹底的に研究されたのだろう。得意の払い腰を封じられるなど、鄭に敗れた準々決勝までの3試合は技のポイントを奪えず、持ち味である積極的な攻撃は封じ込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る