U-18は3試合でまだ2安打 怪物・清宮からなぜ快音消えた?

公開日: 更新日:

「(調子は)全然です。1本出たので良かったというくらいですね」

 開口一番、悔しさをあらわにしたのは、「U-18」日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)。

 30日の豪州戦に4番指名打者で出場して4打数1安打1四球。5打席目で右翼線に二塁打を放ったものの、三回の2打席目は外角のチェンジアップにバットが空を切り、三振。前日の米国戦はハイレベルの投手相手だったことを差し引いても、3打数無安打2三振。甲子園であれだけ安打を量産した怪物1年生が、3試合で2安打ともがいている。

 西谷監督から「あとはタイミングだけだ。そうすれば自分のスイングができる。(気持ちの面で)適当に行け」と身ぶり手ぶりでアドバイスされて試合に臨んだが、清宮は「体が前に突っ込んで、ボールを迎えに行って待ちきれない感じになっている」と自己分析。ネット裏で視察したプロ球団のスカウトは「清宮は打つポイントが手前にあって長くボールを見られるのが長所なのに、高めのボールに差し込まれてのファウルが多い。結果が出ない焦りがあってか、強引に打ちに行って上体に頼っているように見える」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る