U-18は3試合でまだ2安打 怪物・清宮からなぜ快音消えた?

公開日: 更新日:

「(調子は)全然です。1本出たので良かったというくらいですね」

 開口一番、悔しさをあらわにしたのは、「U-18」日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)。

 30日の豪州戦に4番指名打者で出場して4打数1安打1四球。5打席目で右翼線に二塁打を放ったものの、三回の2打席目は外角のチェンジアップにバットが空を切り、三振。前日の米国戦はハイレベルの投手相手だったことを差し引いても、3打数無安打2三振。甲子園であれだけ安打を量産した怪物1年生が、3試合で2安打ともがいている。

 西谷監督から「あとはタイミングだけだ。そうすれば自分のスイングができる。(気持ちの面で)適当に行け」と身ぶり手ぶりでアドバイスされて試合に臨んだが、清宮は「体が前に突っ込んで、ボールを迎えに行って待ちきれない感じになっている」と自己分析。ネット裏で視察したプロ球団のスカウトは「清宮は打つポイントが手前にあって長くボールを見られるのが長所なのに、高めのボールに差し込まれてのファウルが多い。結果が出ない焦りがあってか、強引に打ちに行って上体に頼っているように見える」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る