U-18は3試合でまだ2安打 怪物・清宮からなぜ快音消えた?

公開日: 更新日:

「(調子は)全然です。1本出たので良かったというくらいですね」

 開口一番、悔しさをあらわにしたのは、「U-18」日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)。

 30日の豪州戦に4番指名打者で出場して4打数1安打1四球。5打席目で右翼線に二塁打を放ったものの、三回の2打席目は外角のチェンジアップにバットが空を切り、三振。前日の米国戦はハイレベルの投手相手だったことを差し引いても、3打数無安打2三振。甲子園であれだけ安打を量産した怪物1年生が、3試合で2安打ともがいている。

 西谷監督から「あとはタイミングだけだ。そうすれば自分のスイングができる。(気持ちの面で)適当に行け」と身ぶり手ぶりでアドバイスされて試合に臨んだが、清宮は「体が前に突っ込んで、ボールを迎えに行って待ちきれない感じになっている」と自己分析。ネット裏で視察したプロ球団のスカウトは「清宮は打つポイントが手前にあって長くボールを見られるのが長所なのに、高めのボールに差し込まれてのファウルが多い。結果が出ない焦りがあってか、強引に打ちに行って上体に頼っているように見える」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった