U18W杯 辛うじて1安打2打点 清宮はバットも気持ちも空回り

公開日:  更新日:

「まだ雰囲気がつかめなかった。甲子園の時とは違う。日本代表に入って、周りはいい打者ばかりで、結果を出そうという気持ちは少しはあった」

 U-18日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)が悔しそうに言った。

 開幕戦となった28日のブラジル戦に4番DHで出場。2打点2四球ながら、安打は五回の適時内野安打1本。六回無死満塁、一打出ればコールド勝ちの場面で変化球に空振り三振に倒れるなど格下相手に自慢の長打を見せられなかった。

 1年生から甲子園を沸かせた怪物も、さすがに初戦は気持ちが空回りしたのかもしれない。

 この日の試合前にはマスコミをシャットアウトして非公開練習が行われた。チーム関係者は「短い練習時間の中で、清宮はとにかく打ち込みをしたいという感じで、ティー打撃など、チームで一番バットを振っていた」と言う。普段から打撃練習が好きな清宮とはいえ、自分を除くメンバー19人はすべて3年生。1年生でいきなり日の丸の4番を任され、指名打者としてバットで貢献するしかないのだから、気合も入るというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る