U18W杯 辛うじて1安打2打点 清宮はバットも気持ちも空回り

公開日: 更新日:

「まだ雰囲気がつかめなかった。甲子園の時とは違う。日本代表に入って、周りはいい打者ばかりで、結果を出そうという気持ちは少しはあった」

 U-18日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)が悔しそうに言った。

 開幕戦となった28日のブラジル戦に4番DHで出場。2打点2四球ながら、安打は五回の適時内野安打1本。六回無死満塁、一打出ればコールド勝ちの場面で変化球に空振り三振に倒れるなど格下相手に自慢の長打を見せられなかった。

 1年生から甲子園を沸かせた怪物も、さすがに初戦は気持ちが空回りしたのかもしれない。

 この日の試合前にはマスコミをシャットアウトして非公開練習が行われた。チーム関係者は「短い練習時間の中で、清宮はとにかく打ち込みをしたいという感じで、ティー打撃など、チームで一番バットを振っていた」と言う。普段から打撃練習が好きな清宮とはいえ、自分を除くメンバー19人はすべて3年生。1年生でいきなり日の丸の4番を任され、指名打者としてバットで貢献するしかないのだから、気合も入るというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る