U18W杯 辛うじて1安打2打点 清宮はバットも気持ちも空回り

公開日: 更新日:

「まだ雰囲気がつかめなかった。甲子園の時とは違う。日本代表に入って、周りはいい打者ばかりで、結果を出そうという気持ちは少しはあった」

 U-18日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)が悔しそうに言った。

 開幕戦となった28日のブラジル戦に4番DHで出場。2打点2四球ながら、安打は五回の適時内野安打1本。六回無死満塁、一打出ればコールド勝ちの場面で変化球に空振り三振に倒れるなど格下相手に自慢の長打を見せられなかった。

 1年生から甲子園を沸かせた怪物も、さすがに初戦は気持ちが空回りしたのかもしれない。

 この日の試合前にはマスコミをシャットアウトして非公開練習が行われた。チーム関係者は「短い練習時間の中で、清宮はとにかく打ち込みをしたいという感じで、ティー打撃など、チームで一番バットを振っていた」と言う。普段から打撃練習が好きな清宮とはいえ、自分を除くメンバー19人はすべて3年生。1年生でいきなり日の丸の4番を任され、指名打者としてバットで貢献するしかないのだから、気合も入るというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき