• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実の試合日変更まで 清宮を“特別扱い”の高野連に憤慨の声

「非常識。まったくナンセンスです」

 こう憤るのはスポーツジャーナリストの谷口源太郎氏だ。

 19日付の日刊スポーツの1面に掲載された「日程まで変更! 清宮仰天特例」の記事。この日の準決勝で仙台育英に敗れた早稲田実業の清宮幸太郎は、1年生ながら28日から行われる野球のU18W杯の代表メンバーに内定している。日本が順当に勝ち進めば、決勝戦は9月6日。来年のセンバツ出場がかかった東京都の秋季大会は9月5日開幕のため、清宮不在を避けるべく、早実だけ出場日をずらすというのだ。

 記事中では東京都高野連関係者が「早実の試合は、1週間遅らせることを考えています。(U18W杯のメンバーに)正式に選ばれれば名誉なことだし、日本のために頑張ってもらいたい」とコメントしている。

 冒頭の谷口氏が言う。「高野連は『高校野球はあくまで教育の一環』という主張だったはず。彼個人のために日程をずらすなんて、理屈にもなっていません。高校野球は甲子園至上主義になりすぎて、越境入学やスポーツ推薦などさまざまな問題が噴出した。それでも最近の高野連は『野球特待生は5人以下が望ましい』と言うなど、多少はマトモになってきたのかと思っていましたが……。清宮だけを特別扱いするのが、教育の一環という原点からいかにかけ離れた発想か高野連はわかっているのか。堕落の極みですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る