早実の試合日変更まで 清宮を“特別扱い”の高野連に憤慨の声

公開日: 更新日:

「非常識。まったくナンセンスです」

 こう憤るのはスポーツジャーナリストの谷口源太郎氏だ。

 19日付の日刊スポーツの1面に掲載された「日程まで変更! 清宮仰天特例」の記事。この日の準決勝で仙台育英に敗れた早稲田実業の清宮幸太郎は、1年生ながら28日から行われる野球のU18W杯の代表メンバーに内定している。日本が順当に勝ち進めば、決勝戦は9月6日。来年のセンバツ出場がかかった東京都の秋季大会は9月5日開幕のため、清宮不在を避けるべく、早実だけ出場日をずらすというのだ。

 記事中では東京都高野連関係者が「早実の試合は、1週間遅らせることを考えています。(U18W杯のメンバーに)正式に選ばれれば名誉なことだし、日本のために頑張ってもらいたい」とコメントしている。

 冒頭の谷口氏が言う。「高野連は『高校野球はあくまで教育の一環』という主張だったはず。彼個人のために日程をずらすなんて、理屈にもなっていません。高校野球は甲子園至上主義になりすぎて、越境入学やスポーツ推薦などさまざまな問題が噴出した。それでも最近の高野連は『野球特待生は5人以下が望ましい』と言うなど、多少はマトモになってきたのかと思っていましたが……。清宮だけを特別扱いするのが、教育の一環という原点からいかにかけ離れた発想か高野連はわかっているのか。堕落の極みですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る