早実の試合日変更まで 清宮を“特別扱い”の高野連に憤慨の声

公開日:  更新日:

「非常識。まったくナンセンスです」

 こう憤るのはスポーツジャーナリストの谷口源太郎氏だ。

 19日付の日刊スポーツの1面に掲載された「日程まで変更! 清宮仰天特例」の記事。この日の準決勝で仙台育英に敗れた早稲田実業の清宮幸太郎は、1年生ながら28日から行われる野球のU18W杯の代表メンバーに内定している。日本が順当に勝ち進めば、決勝戦は9月6日。来年のセンバツ出場がかかった東京都の秋季大会は9月5日開幕のため、清宮不在を避けるべく、早実だけ出場日をずらすというのだ。

 記事中では東京都高野連関係者が「早実の試合は、1週間遅らせることを考えています。(U18W杯のメンバーに)正式に選ばれれば名誉なことだし、日本のために頑張ってもらいたい」とコメントしている。

 冒頭の谷口氏が言う。「高野連は『高校野球はあくまで教育の一環』という主張だったはず。彼個人のために日程をずらすなんて、理屈にもなっていません。高校野球は甲子園至上主義になりすぎて、越境入学やスポーツ推薦などさまざまな問題が噴出した。それでも最近の高野連は『野球特待生は5人以下が望ましい』と言うなど、多少はマトモになってきたのかと思っていましたが……。清宮だけを特別扱いするのが、教育の一環という原点からいかにかけ離れた発想か高野連はわかっているのか。堕落の極みですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る