先輩・荒木大輔氏も指摘 早実・清宮に見えた「3つの課題」

公開日:  更新日:

「ファーストストライクを選んで甘い球を逃さずに本塁打するのは大したものです」

 甲子園のネット裏で取材するスポーツライターの安倍昌彦氏が、早実の清宮幸太郎(1年)についてこう言った。

 17日の九州国際大付戦での第2打席。初球のストレートを右翼席にライナーで叩き込んだ。3回戦の東海大甲府戦に続く2試合連続本塁打は1年としてはかつて「怪物」と言われた清原和博、松井秀喜でもなし得なかったこと。19日の仙台育英との準決勝でもアーチに期待がかかるが、一方でここまで順調に結果を残しているからこそ、今後しっかりと向き合うべき課題もある。

■現在の打撃は上半身主導

「下半身の強化が重要になってくるでしょう」と冒頭の安倍氏がこう続ける。

「この日の本塁打は、しっかりボールを上から叩いていたが、今は極端に言えば上半身主導で、手が先に動いて下半身が後からついてくるような印象がある。東海大甲府戦で本塁打を放った際のフォームをスローで見ると、足首よりも手が先に動き、ボールをミートさせてから軸足の足首が回転していた。身体能力が高いから上半身の力だけで打てるのでしょうが、これからプロを目指してさらに進化するためには全身を使ってボールに力を伝えることが大事。今、たとえば東海大相模のエース左腕の小笠原の140キロ以上のストレートが内角に来た時、これを引っ張って強烈な打球を放つのは簡単ではないかもしれない。金属バットから木のバットに変わっても飛距離を出そうと思えば、下半身をしっかり鍛えて膝、足にバネを作り、下から体をひねり上げるような打撃フォームを作り上げる必要があると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る