片岡&大竹が今ごろ活躍も…巨人「FA2年目組」の微妙な来季

公開日:  更新日:

 巨人FA入団2年目コンビが存在感を増している。

 片岡治大(32)が30日の中日戦で5年ぶりの1試合2本塁打。リーグ3位タイの19盗塁の足には定評があるが、“小力”でもチームを牽引している。

 先発の大竹寛(32)も戻ってきた。29日の試合で7回を2安打無失点。実に5月13日以来の2勝目(3敗)だった。

 今季は不振で約3カ月もの二軍生活を余儀なくされた。勝ち頭のマイコラスがコンディション不良で登録抹消になり、苦しい先発事情の中、チャンスを生かした格好だ。

 とはいえ、2人とも立場は安泰ではない。球界関係者が言う。

「ここのところ2番で存在感を増している片岡だが、打率は.247。チームが勝ち切れずに苦しんでいた6月から肉離れで1カ月以上も離脱した。昨オフに球団がキューバのグリエルの獲得に動いたことで立場は理解しているでしょう。もっとヤバイのは大竹の方。8試合で2勝3敗。今季の先発ローテはマイコラス、菅野、ポレダ、高木勇の4人が中心になって回ってきた。故障でもないのに3カ月間も二軍なんて立場は推して知るべしです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る