貧打よりむしろ深刻…若手先発候補育たぬ巨人投手陣の惨状

公開日: 更新日:

 試合前、珍しい顔がグラウンドに下りてきた。

 四国アイランドリーグの高知に所属する元阪神藤川球児(35)が25日、ヤクルト巨人戦を中継するテレビ局のゲスト解説者として神宮球場を訪問。練習中の原監督ら巨人ナインと談笑し、関係者から「きょう投げてよ。ピッチャー、苦しいんだよ」と冷やかされると、満面に笑みを浮かべてかぶりを振っていた。

「いや、冗談じゃなくなるかもしれませんよ」

 そう言って巨人のチーム関係者が続ける。

「貧打ばかりにスポットが当たりますが、本当に深刻なのは投手陣ですから。7勝のポレダ、10勝のマイコラスの2人の新外国人がいなかったら、最下位争いしていてもおかしくない。昨年まで先発ローテの中心にいた内海、杉内、大竹が今は揃って二軍。内海が33歳、杉内が34歳、大竹が32歳という年齢を考えれば来季、復活を期待できても計算はできない。新人で26歳の高木勇、高卒2年目で19歳の田口が頑張っているとはいえ、それ以外の若手の先発候補が思ったように伸びてきていません。きょうの小山がいい例でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天