貧打よりむしろ深刻…若手先発候補育たぬ巨人投手陣の惨状

公開日: 更新日:

 試合前、珍しい顔がグラウンドに下りてきた。

 四国アイランドリーグの高知に所属する元阪神の藤川球児(35)が25日、ヤクルト-巨人戦を中継するテレビ局のゲスト解説者として神宮球場を訪問。練習中の原監督ら巨人ナインと談笑し、関係者から「きょう投げてよ。ピッチャー、苦しいんだよ」と冷やかされると、満面に笑みを浮かべてかぶりを振っていた。

「いや、冗談じゃなくなるかもしれませんよ」

 そう言って巨人のチーム関係者が続ける。

「貧打ばかりにスポットが当たりますが、本当に深刻なのは投手陣ですから。7勝のポレダ、10勝のマイコラスの2人の新外国人がいなかったら、最下位争いしていてもおかしくない。昨年まで先発ローテの中心にいた内海、杉内、大竹が今は揃って二軍。内海が33歳、杉内が34歳、大竹が32歳という年齢を考えれば来季、復活を期待できても計算はできない。新人で26歳の高木勇、高卒2年目で19歳の田口が頑張っているとはいえ、それ以外の若手の先発候補が思ったように伸びてきていません。きょうの小山がいい例でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る