貧打よりむしろ深刻…若手先発候補育たぬ巨人投手陣の惨状

公開日:  更新日:

 試合前、珍しい顔がグラウンドに下りてきた。

 四国アイランドリーグの高知に所属する元阪神の藤川球児(35)が25日、ヤクルト-巨人戦を中継するテレビ局のゲスト解説者として神宮球場を訪問。練習中の原監督ら巨人ナインと談笑し、関係者から「きょう投げてよ。ピッチャー、苦しいんだよ」と冷やかされると、満面に笑みを浮かべてかぶりを振っていた。

「いや、冗談じゃなくなるかもしれませんよ」

 そう言って巨人のチーム関係者が続ける。

「貧打ばかりにスポットが当たりますが、本当に深刻なのは投手陣ですから。7勝のポレダ、10勝のマイコラスの2人の新外国人がいなかったら、最下位争いしていてもおかしくない。昨年まで先発ローテの中心にいた内海、杉内、大竹が今は揃って二軍。内海が33歳、杉内が34歳、大竹が32歳という年齢を考えれば来季、復活を期待できても計算はできない。新人で26歳の高木勇、高卒2年目で19歳の田口が頑張っているとはいえ、それ以外の若手の先発候補が思ったように伸びてきていません。きょうの小山がいい例でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る