貧打よりむしろ深刻…若手先発候補育たぬ巨人投手陣の惨状

公開日: 更新日:

 試合前、珍しい顔がグラウンドに下りてきた。

 四国アイランドリーグの高知に所属する元阪神藤川球児(35)が25日、ヤクルト巨人戦を中継するテレビ局のゲスト解説者として神宮球場を訪問。練習中の原監督ら巨人ナインと談笑し、関係者から「きょう投げてよ。ピッチャー、苦しいんだよ」と冷やかされると、満面に笑みを浮かべてかぶりを振っていた。

「いや、冗談じゃなくなるかもしれませんよ」

 そう言って巨人のチーム関係者が続ける。

「貧打ばかりにスポットが当たりますが、本当に深刻なのは投手陣ですから。7勝のポレダ、10勝のマイコラスの2人の新外国人がいなかったら、最下位争いしていてもおかしくない。昨年まで先発ローテの中心にいた内海、杉内、大竹が今は揃って二軍。内海が33歳、杉内が34歳、大竹が32歳という年齢を考えれば来季、復活を期待できても計算はできない。新人で26歳の高木勇、高卒2年目で19歳の田口が頑張っているとはいえ、それ以外の若手の先発候補が思ったように伸びてきていません。きょうの小山がいい例でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る