打線沈黙の巨人 二岡氏入閣構想で加速する「高橋由伸監督」

公開日:  更新日:

 巨人が来季の一軍打撃コーチにOBの二岡智宏(39)をリストアップしていることが分かった。

 二岡は日本ハム時代の13年オフに現役を引退。昨年から古巣の巨人と業務委託契約を結び、外国人獲得の際のアドバイザーとして国際部の「スカウト役」を担っている。

「引退した二岡に巨人フロントは当初、ヤンキースへのコーチ留学の道を用意した。評論家として幅広く野球を勉強したいという本人の希望で実現しなかったが、いろいろあって日本ハムに放出した経緯がありながら、幹部候補生という位置づけは変わらなかった。2年の充電期間を経て、いよいよユニホームを着てもらおうということでしょう。まだ正式なものではないが、しかるべきフロントの人間が二岡に直接『力を貸してくれ』と話を持っていったと聞いています。マイペースな人間ですから、のらりくらりの反応だったようですが、業務委託という形で引退後の生活面を支援してもらっている恩義があるから、正式要請は断らないはず」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る