打線沈黙の巨人 二岡氏入閣構想で加速する「高橋由伸監督」

公開日: 更新日:

 巨人が来季の一軍打撃コーチにOBの二岡智宏(39)をリストアップしていることが分かった。

 二岡は日本ハム時代の13年オフに現役を引退。昨年から古巣の巨人と業務委託契約を結び、外国人獲得の際のアドバイザーとして国際部の「スカウト役」を担っている。

「引退した二岡に巨人フロントは当初、ヤンキースへのコーチ留学の道を用意した。評論家として幅広く野球を勉強したいという本人の希望で実現しなかったが、いろいろあって日本ハムに放出した経緯がありながら、幹部候補生という位置づけは変わらなかった。2年の充電期間を経て、いよいよユニホームを着てもらおうということでしょう。まだ正式なものではないが、しかるべきフロントの人間が二岡に直接『力を貸してくれ』と話を持っていったと聞いています。マイペースな人間ですから、のらりくらりの反応だったようですが、業務委託という形で引退後の生活面を支援してもらっている恩義があるから、正式要請は断らないはず」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る