打線沈黙の巨人 二岡氏入閣構想で加速する「高橋由伸監督」

公開日: 更新日:

 巨人が来季の一軍打撃コーチにOBの二岡智宏(39)をリストアップしていることが分かった。

 二岡は日本ハム時代の13年オフに現役を引退。昨年から古巣の巨人と業務委託契約を結び、外国人獲得の際のアドバイザーとして国際部の「スカウト役」を担っている。

「引退した二岡に巨人フロントは当初、ヤンキースへのコーチ留学の道を用意した。評論家として幅広く野球を勉強したいという本人の希望で実現しなかったが、いろいろあって日本ハムに放出した経緯がありながら、幹部候補生という位置づけは変わらなかった。2年の充電期間を経て、いよいよユニホームを着てもらおうということでしょう。まだ正式なものではないが、しかるべきフロントの人間が二岡に直接『力を貸してくれ』と話を持っていったと聞いています。マイペースな人間ですから、のらりくらりの反応だったようですが、業務委託という形で引退後の生活面を支援してもらっている恩義があるから、正式要請は断らないはず」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る