低迷巨人の原采配を「選手との信頼関係にヒビ」と評論家指摘

公開日:  更新日:

 弱い。弱すぎる。

 27日のヤクルト戦で巨人が2試合連続の完封負け。こちらも2試合連続となる11残塁を喫し、神宮で3タテを食らう赤っ恥だ。今季ワーストタイの5連敗で再び貯金がなくなった。

 巨大戦力を抱えながらのこの体たらく。巨人OBの高橋善正氏(評論家)が「監督が動いていることが、ことごとく裏目に出ているように見える」と指摘するように、原監督(57)の采配が低迷の一因という声が、チーム周辺で日増しに大きくなっている。

 この日のヤクルト戦もそうだった。0-0の五回無死一塁から3番の坂本に送りバント。これは成功したものの、4番の阿部ら後続が走者をかえせず、無得点に終わった。

「早いイニングでも中軸打者に送りバントをさせる。信頼してクリーンアップを任せているはずなのに、原監督の采配からはそれが感じられない。選手との信頼関係にヒビが入りかねないやり方が散見される。我慢し、動かないのも監督の仕事」とは評論家の権藤博氏だが、23日の広島戦でも三回無死一、二塁でバントをさせられた坂本はこの日、七回2死一塁で逆を突かれて牽制死。気の抜けたような凡ミスも、坂本だけを責められないという見方があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る