低迷巨人の原采配を「選手との信頼関係にヒビ」と評論家指摘

公開日:  更新日:

 弱い。弱すぎる。

 27日のヤクルト戦で巨人が2試合連続の完封負け。こちらも2試合連続となる11残塁を喫し、神宮で3タテを食らう赤っ恥だ。今季ワーストタイの5連敗で再び貯金がなくなった。

 巨大戦力を抱えながらのこの体たらく。巨人OBの高橋善正氏(評論家)が「監督が動いていることが、ことごとく裏目に出ているように見える」と指摘するように、原監督(57)の采配が低迷の一因という声が、チーム周辺で日増しに大きくなっている。

 この日のヤクルト戦もそうだった。0-0の五回無死一塁から3番の坂本に送りバント。これは成功したものの、4番の阿部ら後続が走者をかえせず、無得点に終わった。

「早いイニングでも中軸打者に送りバントをさせる。信頼してクリーンアップを任せているはずなのに、原監督の采配からはそれが感じられない。選手との信頼関係にヒビが入りかねないやり方が散見される。我慢し、動かないのも監督の仕事」とは評論家の権藤博氏だが、23日の広島戦でも三回無死一、二塁でバントをさせられた坂本はこの日、七回2死一塁で逆を突かれて牽制死。気の抜けたような凡ミスも、坂本だけを責められないという見方があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る