• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷巨人の原采配を「選手との信頼関係にヒビ」と評論家指摘

投稿日:  更新日:

 弱い。弱すぎる。

 27日のヤクルト戦で巨人が2試合連続の完封負け。こちらも2試合連続となる11残塁を喫し、神宮で3タテを食らう赤っ恥だ。今季ワーストタイの5連敗で再び貯金がなくなった。

 巨大戦力を抱えながらのこの体たらく。巨人OBの高橋善正氏(評論家)が「監督が動いていることが、ことごとく裏目に出ているように見える」と指摘するように、原監督(57)の采配が低迷の一因という声が、チーム周辺で日増しに大きくなっている。

 この日のヤクルト戦もそうだった。0-0の五回無死一塁から3番の坂本に送りバント。これは成功したものの、4番の阿部ら後続が走者をかえせず、無得点に終わった。

「早いイニングでも中軸打者に送りバントをさせる。信頼してクリーンアップを任せているはずなのに、原監督の采配からはそれが感じられない。選手との信頼関係にヒビが入りかねないやり方が散見される。我慢し、動かないのも監督の仕事」とは評論家の権藤博氏だが、23日の広島戦でも三回無死一、二塁でバントをさせられた坂本はこの日、七回2死一塁で逆を突かれて牽制死。気の抜けたような凡ミスも、坂本だけを責められないという見方があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る