師匠が設定のコースで上位快走 服部真夕に運が向いてきた

公開日:  更新日:

【日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯】

 岡本綾子がコース設定を担当した会場で、愛弟子の服部真夕(27)が大健闘だ。初日は5バーディー、1ボギーの68で回り単独トップ。2日目はスコアを1つ落としたものの、3アンダー6位タイと好位置につけている。

 女子大会は一般的に6500ヤード前後の設定で行われるが、公式戦の本大会は女子プロには6700ヤードオーバーと距離が長い。さらにフェアウエーが絞られ、グリーン回りのラフも厳しいなどスコアメークに苦しむ選手が続出。初日からプレー進行が大幅に遅れて、アンダーパーは9選手しかいなかった。

 今季の服部は春先に9試合連続の予選落ちと不振をきわめた。アプローチイップスが原因だったが、「自分でもっとゴルフを考えて頑張ってみよう」と師匠・岡本の元を離れ、先月、3年半ぶりに復活Vを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る