師匠が設定のコースで上位快走 服部真夕に運が向いてきた

公開日: 更新日:

【日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯】

 岡本綾子がコース設定を担当した会場で、愛弟子の服部真夕(27)が大健闘だ。初日は5バーディー、1ボギーの68で回り単独トップ。2日目はスコアを1つ落としたものの、3アンダー6位タイと好位置につけている。

 女子大会は一般的に6500ヤード前後の設定で行われるが、公式戦の本大会は女子プロには6700ヤードオーバーと距離が長い。さらにフェアウエーが絞られ、グリーン回りのラフも厳しいなどスコアメークに苦しむ選手が続出。初日からプレー進行が大幅に遅れて、アンダーパーは9選手しかいなかった。

 今季の服部は春先に9試合連続の予選落ちと不振をきわめた。アプローチイップスが原因だったが、「自分でもっとゴルフを考えて頑張ってみよう」と師匠・岡本の元を離れ、先月、3年半ぶりに復活Vを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る