公の場に姿見せず 噂される岡本綾子“重病説”は本当なのか?

公開日: 更新日:

 ツアー関係者の間で今、「本当に大丈夫なのか?」とウワサが駆け巡っている。

 1987年、米国人以外で初の米ツアー賞金女王に輝いて、日米両ツアーで活躍した岡本綾子(64)のことだ。

 岡本は昨年末、自宅でめまいを起こして転倒し、10日間ほど入院した。その後、自宅で療養していたが、自動車の運転や新幹線の乗車も困難な状況だったという。だから2月16日に行われた日本ゴルフ殿堂入り式典もコメントだけ寄せて欠席。ずっと公の場に姿を現していないからだ。

 この時は、原因不明のめまいで出席できないことを明かしている。メニエール病ではないか、あるいは現役時代に比べ体重が異常に増えたことから体調が悪いのではないか、酒の飲み過ぎによる肝疾患ではないかなど、関係者のヒソヒソ話がどんどんヒートアップしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る