• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公の場に姿見せず 噂される岡本綾子“重病説”は本当なのか?

 ツアー関係者の間で今、「本当に大丈夫なのか?」とウワサが駆け巡っている。

 1987年、米国人以外で初の米ツアー賞金女王に輝いて、日米両ツアーで活躍した岡本綾子(64)のことだ。

 岡本は昨年末、自宅でめまいを起こして転倒し、10日間ほど入院した。その後、自宅で療養していたが、自動車の運転や新幹線の乗車も困難な状況だったという。だから2月16日に行われた日本ゴルフ殿堂入り式典もコメントだけ寄せて欠席。ずっと公の場に姿を現していないからだ。

 この時は、原因不明のめまいで出席できないことを明かしている。メニエール病ではないか、あるいは現役時代に比べ体重が異常に増えたことから体調が悪いのではないか、酒の飲み過ぎによる肝疾患ではないかなど、関係者のヒソヒソ話がどんどんヒートアップしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る