公の場に姿見せず 噂される岡本綾子“重病説”は本当なのか?

公開日:  更新日:

 ツアー関係者の間で今、「本当に大丈夫なのか?」とウワサが駆け巡っている。

 1987年、米国人以外で初の米ツアー賞金女王に輝いて、日米両ツアーで活躍した岡本綾子(64)のことだ。

 岡本は昨年末、自宅でめまいを起こして転倒し、10日間ほど入院した。その後、自宅で療養していたが、自動車の運転や新幹線の乗車も困難な状況だったという。だから2月16日に行われた日本ゴルフ殿堂入り式典もコメントだけ寄せて欠席。ずっと公の場に姿を現していないからだ。

 この時は、原因不明のめまいで出席できないことを明かしている。メニエール病ではないか、あるいは現役時代に比べ体重が異常に増えたことから体調が悪いのではないか、酒の飲み過ぎによる肝疾患ではないかなど、関係者のヒソヒソ話がどんどんヒートアップしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る