3年ぶり優勝の服部真夕 スランプ克服の陰に“思考転換”が

公開日:  更新日:

【CATレディース】

 服部真夕(27)が逆転で3年ぶり5度目の優勝を決めた。

「本当にここに戻ってこられて良かった。もう一度こうして優勝できるなんて夢みたい。(師匠の)岡本綾子さんには感謝を伝えたい」(服部)

 2012年から2年以上も優勝から遠ざかり、春先には9試合連続で予選落ちするなど、大スランプに陥った。脱出のきっかけは、「岡本さんに甘えて自分で考えることをしてなかった」(服部)と5月に師匠から独り立ちしてからだ。

 ゴルフジャーナリストの早瀬利之氏が「岡本と同じことをやろうとしたけど、それではダメだということがわかったのでしょう」と、こう続ける。

「岡本はソフトボールからの転身ということもあり、デビュー当時からプロに知り合いがおらず、昼食もひとりでポツンと食べていたり、一匹狼で群れようとしなかった。性格は典型的なマイペースで先輩プロに媚びたりしないものだからいじめられ、箸の上げ下ろしまで注意された。それで日本を脱出、米ツアー挑戦を決意したように、常に自分で道を切り開いていったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る