3年ぶり優勝の服部真夕 スランプ克服の陰に“思考転換”が

公開日:  更新日:

【CATレディース】

 服部真夕(27)が逆転で3年ぶり5度目の優勝を決めた。

「本当にここに戻ってこられて良かった。もう一度こうして優勝できるなんて夢みたい。(師匠の)岡本綾子さんには感謝を伝えたい」(服部)

 2012年から2年以上も優勝から遠ざかり、春先には9試合連続で予選落ちするなど、大スランプに陥った。脱出のきっかけは、「岡本さんに甘えて自分で考えることをしてなかった」(服部)と5月に師匠から独り立ちしてからだ。

 ゴルフジャーナリストの早瀬利之氏が「岡本と同じことをやろうとしたけど、それではダメだということがわかったのでしょう」と、こう続ける。

「岡本はソフトボールからの転身ということもあり、デビュー当時からプロに知り合いがおらず、昼食もひとりでポツンと食べていたり、一匹狼で群れようとしなかった。性格は典型的なマイペースで先輩プロに媚びたりしないものだからいじめられ、箸の上げ下ろしまで注意された。それで日本を脱出、米ツアー挑戦を決意したように、常に自分で道を切り開いていったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る