セは歯が立たず? ソフトB強すぎて「日本シリーズ」魅力半減

公開日:  更新日:

「豊富な資金力をバックにチームを強化するやり方を一頃の巨人になぞらえる向きもありますが、33歳の内川や32歳の松田といった攻撃陣の中心はまさに今が旬で脂の乗り切った選手。そこへ柳田という26歳のとんでもない選手が現れ、今後の上積みが期待できる若手が何人もいる。年齢構成上のバランスも良く、7人いる外国人もそれぞれが力を発揮する。巨人とはその辺が違いますよね」

 熱心な巨人ファンで知られる漫画家のコジロー氏が、ソフトバンクに関してこう言った。

 16日はオリックスに勝利も、2位の日本ハムがロッテに勝ったためマジックは「1」。早ければ17日にもリーグ優勝を決めるソフトバンクの貯金は46。2位の日本ハムに14ゲームの大差をつけ、64年の南海と95年のオリックスが9月19日に決めたリーグ史上最速Vの記録を抜くのも確実視されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る