ソフトB独走阻止に策なし…「MLB式ぜいたく税を」の声まで

公開日: 更新日:

「いくら企業努力と言っても、ここまで差がつくとファンの興味もなくなるから。オフには他球団からいろんな意見が出てもおかしくない」

 あるパの球団幹部がため息交じりにこう話す。強すぎるソフトバンクに、「このままなら来年以降も同じ結果になる」と危機感を隠せないのだ。

 実際、開幕直後から首位を独走するソフトバンクは、8月に入っても勢いは衰えず、17日までの14試合で10勝4敗。連敗はロッテに1度喫しただけで、貯金は「34」にまで達し、優勝へのマジックナンバーも「29」に減っている。

 今後1勝1敗のペースでも、9月中旬にリーグ優勝が決まるから、冒頭の球団幹部じゃなくても、ため息がもれる。

 大半のパの球団幹部もお手上げで、ソフトバンクを止めるには、「ぜいたく税の導入しかないんじゃないか」という声まで出ているんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  7. 7

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  8. 8

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  9. 9

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

  10. 10

    山口県が2000万円で高級車購入 安倍前首相“お国入り用”か

もっと見る