高田GMが調査明言 投手陣手薄なDeNAが狙う「助っ人」の名前

公開日:  更新日:

「(5人目の)外国人の調査はやっている」

 こう話すのはDeNAの高田繁GM(69)。助っ人投手の獲得に向け、調査を進めているということだ。

 首位を走るDeNAはリーグ屈指の打線を誇る一方、投手力がライバル球団に比べ手薄。チーム防御率3.15はリーグ5位。中でも先発陣は、エース久保(34)が19日のヤクルト戦で危険球退場するなど調子に波があり、昨季9勝を挙げた助っ人のモスコーソ(31)も4月に左太もも裏肉離れで離脱。6月中旬には一軍復帰が予定されているが、故障明けのリスクもある。

 先発は山口(27)、井納(29)ら頭数は揃ってはいるものの、すべて右投手。左腕が手薄というチーム事情がある。助っ人は現在、投手がモスコーソとエレラ(34)、野手はロペス(31)とバルディリス(32)。グリエルは退団、弟も来日は未定だから、実質的には4人。モスコーソが離脱中だけに、ウイークポイントを新たな外国人で補いたいという意図は理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る