• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

遼の国内Vで波紋 「獲得ポイント」めぐり日米“温度差”の理由

【ダイヤモンドカップ】

 先週、日本ツアー通算12勝目を挙げた石川遼(24)。今週は初日、首位と5打差の1アンダー15位タイ発進だったものの、2日目は1オーバーとスコアを落とし、通算イーブンパーの18位タイにつけている。

 その石川は、世界ランク(WR)を前週206位から一気に148位まで上がったが、実はこのランクアップが米国内で思わぬ波紋を呼んでいるようだ。

 石川が大きく順位を上げたのは、ANAオープン優勝の16ポイントを獲得したからだ。ちなみに同じ週、海の向こうではプレーオフ第3戦目のBMW選手権が行われた。そこで7位に入った松山英樹(23)の獲得ポイントは11.76。

 石川はギリギリで来季の米シード権を獲得(125位人中124位)したものの、プレーオフ初戦のバークレイズで敗退。一方、松山は米ツアーのトップ70人しか出場できないBMW選手権でトップ10入り。30人だけの最終戦にも駒を進めている。出場選手の顔ぶれや舞台の違いからも石川の16ポイントは「ちょっと高くないか」という違和感を持つ関係者が多いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る