セレモニーも地味に スポンサー待遇に見た遼の“ステータス”

公開日:  更新日:

【ANAオープン】

 米ツアーのシード権を獲得してプレーオフに進出したものの、初戦であえなく敗退した石川遼(24)が今季国内初出場。首位と2打差の4アンダー、4位タイで2日目を迎えると、スコアを4つ伸ばし、8アンダー単独2位と絶好の位置につけた。

 石川は「ドライバーで攻めるプレースタイルがこのコースに合っている。明日からも飛距離でアドバンテージを取りたい」と意気込んだが、周囲はいまひとつ盛り上がらない。

 石川は大会初日の17日が24歳の誕生日だった。スポンサー契約を結ぶANAのキャビンアテンダントが花束を手渡すセレモニーが行われたが、わずか10分足らず。プロ転向でハニカミ王子と騒がれていた頃は、クラブハウスで多くのCAに囲まれて大会主催者から特大のバースデーケーキと花束を贈られ、クラッカーを鳴らすなど、盛大だっただけに、随分地味になった印象が強い。要するに、それだけのプロになってしまったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る