• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジュニアで強かった日本人選手がなぜプロで大成しない?

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 世界ゴルフジュニア選手権では多くの日本選手が優勝している。現在、NHKテレビのゴルフ解説を担当している田中泰二郎が1980年、15~17歳部門で優勝したのが最初で、その後、03年に15~17歳で池田勇太、女子では05年に若林舞衣子、06年には宮里美香が優勝している。低年齢の部門では金田久美子が98年から04年までの間に5度も優勝しているし、他にも低年齢部門では日本人の優勝はかなりの数に上る。

 ジュニア時代、どうして日本選手が世界で勝っているのかというと、特に低学年の部門では外国選手と体力的に大して差がないということも挙げられると思う。

 それと、日本の子供たちは他のスポーツはほとんどやらず、ゴルフだけというケースが多いのと違って、アメリカの子供たちはいろんなスポーツをやっていて、ゴルフはまだあまり熱心ではないということもいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る