ジュニアで強かった日本人選手がなぜプロで大成しない?

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 世界ゴルフジュニア選手権では多くの日本選手が優勝している。現在、NHKテレビのゴルフ解説を担当している田中泰二郎が1980年、15~17歳部門で優勝したのが最初で、その後、03年に15~17歳で池田勇太、女子では05年に若林舞衣子、06年には宮里美香が優勝している。低年齢の部門では金田久美子が98年から04年までの間に5度も優勝しているし、他にも低年齢部門では日本人の優勝はかなりの数に上る。

 ジュニア時代、どうして日本選手が世界で勝っているのかというと、特に低学年の部門では外国選手と体力的に大して差がないということも挙げられると思う。

 それと、日本の子供たちは他のスポーツはほとんどやらず、ゴルフだけというケースが多いのと違って、アメリカの子供たちはいろんなスポーツをやっていて、ゴルフはまだあまり熱心ではないということもいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る