• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジュニアで強かった日本人選手がなぜプロで大成しない?

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 世界ゴルフジュニア選手権では多くの日本選手が優勝している。現在、NHKテレビのゴルフ解説を担当している田中泰二郎が1980年、15~17歳部門で優勝したのが最初で、その後、03年に15~17歳で池田勇太、女子では05年に若林舞衣子、06年には宮里美香が優勝している。低年齢の部門では金田久美子が98年から04年までの間に5度も優勝しているし、他にも低年齢部門では日本人の優勝はかなりの数に上る。

 ジュニア時代、どうして日本選手が世界で勝っているのかというと、特に低学年の部門では外国選手と体力的に大して差がないということも挙げられると思う。

 それと、日本の子供たちは他のスポーツはほとんどやらず、ゴルフだけというケースが多いのと違って、アメリカの子供たちはいろんなスポーツをやっていて、ゴルフはまだあまり熱心ではないということもいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る