ジュニアで強かった日本人選手がなぜプロで大成しない?

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 世界ゴルフジュニア選手権では多くの日本選手が優勝している。現在、NHKテレビのゴルフ解説を担当している田中泰二郎が1980年、15~17歳部門で優勝したのが最初で、その後、03年に15~17歳で池田勇太、女子では05年に若林舞衣子、06年には宮里美香が優勝している。低年齢の部門では金田久美子が98年から04年までの間に5度も優勝しているし、他にも低年齢部門では日本人の優勝はかなりの数に上る。

 ジュニア時代、どうして日本選手が世界で勝っているのかというと、特に低学年の部門では外国選手と体力的に大して差がないということも挙げられると思う。

 それと、日本の子供たちは他のスポーツはほとんどやらず、ゴルフだけというケースが多いのと違って、アメリカの子供たちはいろんなスポーツをやっていて、ゴルフはまだあまり熱心ではないということもいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る