• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

これがプロの生きる道 賞金と名誉を手にした松山英樹が体現

【ツアー選手権】

 今季米ツアーのポイントランク上位30選手(28選手出場)だけで争うプレーオフ最終戦に2年連続で出場した松山英樹(23)。初日は15番までに4バーディー、4ボギーと出入りの激しい内容だったが、16番パー4でスーパーショットを見せた。残り164ヤードの2打目をピンそば20センチにつけてアンダーパーに潜り込んだ。タフな17番、18番はパーで切り抜けて69で回り、1アンダー11位タイ。7アンダーで単独首位に立ったH・ステンソン(スウェーデン)と6打差だった。

 松山はラウンド後、「納得のいくラウンドではなかった。パットも良かったり悪かったり。ショットもパットもアプローチもまだ半信半疑で打っている部分もあるので、そこをしっかり打てるようになればスコアはついてくる」と語った。

 今季の松山は未勝利ながらすでに356万2269ドル(約4億2747万円)も稼いでいる。そして今週の優勝賞金は148万5000ドル(約1億7820万円)、最下位(昨年29位実績)でも13万2000ドル(約1584万円)が保証されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る