トリプルスリーのヤクルト山田 視力0.4で本塁打量産の秘密

公開日: 更新日:

 ヤクルト山田哲人(23)は180センチ、76キロと細身な体でリーグトップのアーチを量産。打率.329、36本塁打、33盗塁とトリプルスリーは確実で、打点も93、出塁率はリーグトップの.417、リーグ3位の77四球を選んでいる。

 だが、意外にも視力は高くない。昨年のスポーツ紙の記事によると、左が「0.4」、右が「0.7」。しかも、コンタクトは使用していないという。

 視力が低いといえばイチロー(マーリンズ)も、一説では両目が0.4前後といわれており、こちらもコンタクトをつけずに日米通算4000本以上の安打を放っている。よくそれで、プロの投手が投げる150キロ前後の直球やキレのある変化球を正確にとらえられるものだ。視力の良し悪しは打撃に影響しないのか。

「優れた眼というのは、一般的な視力や動体視力の数値の高さとイコールではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る