M点灯お預けも…ヤクルトナインを待つオフの大盤振る舞い

公開日: 更新日:

 14年ぶりの優勝を果たせば、選手にはバラ色のオフが待っているかもしれない。

 23日の広島戦に勝利したヤクルトは今季最多の貯金9となり、2位・巨人とは2ゲーム差で首位をキープ。前年まで2年連続最下位と辛酸をなめ続けたチームが戴冠に一歩近づいた。

「もし優勝すれば、選手は大盤振る舞いが期待できるでしょう」と、ヤクルトOBがこう言った。

「トリプルスリーが確実な山田に加え、打点王のタイトルを視野に入れている畠山、首位打者が濃厚な川端は年俸の大幅アップが予想される。中でも山田は2億円到達もあり得る。昨季は打率.324、29本塁打、89打点とブレーク。年俸は2200万円から5800万円増の8000万円でしたが、チームは2年連続最下位だったため、昇給額はどうしても低く抑えられた。Aクラス入りしていれば、1億円は間違いなかったともっぱらです。リーグ優勝なら昨年より査定ベースが上がりますから、給料もドンと跳ね上がりますよ。9000万円の畠山、8500万円の川端はそれぞれタイトル獲得なら1億5000万円はいくでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る