• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

M点灯お預けも…ヤクルトナインを待つオフの大盤振る舞い

 14年ぶりの優勝を果たせば、選手にはバラ色のオフが待っているかもしれない。

 23日の広島戦に勝利したヤクルトは今季最多の貯金9となり、2位・巨人とは2ゲーム差で首位をキープ。前年まで2年連続最下位と辛酸をなめ続けたチームが戴冠に一歩近づいた。

「もし優勝すれば、選手は大盤振る舞いが期待できるでしょう」と、ヤクルトOBがこう言った。

「トリプルスリーが確実な山田に加え、打点王のタイトルを視野に入れている畠山、首位打者が濃厚な川端は年俸の大幅アップが予想される。中でも山田は2億円到達もあり得る。昨季は打率.324、29本塁打、89打点とブレーク。年俸は2200万円から5800万円増の8000万円でしたが、チームは2年連続最下位だったため、昇給額はどうしても低く抑えられた。Aクラス入りしていれば、1億円は間違いなかったともっぱらです。リーグ優勝なら昨年より査定ベースが上がりますから、給料もドンと跳ね上がりますよ。9000万円の畠山、8500万円の川端はそれぞれタイトル獲得なら1億5000万円はいくでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る