先発復帰決定のヤンキース田中 「PS初戦」も任される

公開日:  更新日:

 今季は故障に泣かされ続ける右腕がポストシーズンに辛うじて間に合いそうだ。

 ヤンキースのジラルディ監督は28日(日本時間29日)、右太もも裏の張りを訴えて登板を回避していた田中将大(26)が30日(同10月1日)のレッドソックス戦(ニューヨーク)で復帰すると発表した。あわせてチームがポストシーズン進出を決めた場合、プレーオフ初戦のマウンドを託すと示唆した。

 ヤンキースは首位ブルージェイズと4ゲーム差のア・リーグ東地区2位。残り10試合を切り、地区優勝は厳しい状況ながら2チームが出場するワイルドカード(WC=2位の最高勝率)争いでは2位アストロズに4.5ゲーム差で首位につけている(27日終了時)。WCでのポストシーズン進出は、ほぼ確実な状況だ。

 この日のレッドソックス戦を前にランニングなどを行い患部の状態を確認した田中は「これまでと同様に、自分らしくしっかりとした投球をしたいです」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る