先発復帰決定のヤンキース田中 「PS初戦」も任される

公開日:  更新日:

 今季は故障に泣かされ続ける右腕がポストシーズンに辛うじて間に合いそうだ。

 ヤンキースのジラルディ監督は28日(日本時間29日)、右太もも裏の張りを訴えて登板を回避していた田中将大(26)が30日(同10月1日)のレッドソックス戦(ニューヨーク)で復帰すると発表した。あわせてチームがポストシーズン進出を決めた場合、プレーオフ初戦のマウンドを託すと示唆した。

 ヤンキースは首位ブルージェイズと4ゲーム差のア・リーグ東地区2位。残り10試合を切り、地区優勝は厳しい状況ながら2チームが出場するワイルドカード(WC=2位の最高勝率)争いでは2位アストロズに4.5ゲーム差で首位につけている(27日終了時)。WCでのポストシーズン進出は、ほぼ確実な状況だ。

 この日のレッドソックス戦を前にランニングなどを行い患部の状態を確認した田中は「これまでと同様に、自分らしくしっかりとした投球をしたいです」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る