• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WCゲーム先発濃厚のヤンキース田中に“オフNY残留”プラン

「ヤンキースの首脳陣はタナカに、できればオフもNYに残って調整してもらいたいと考えているようです」

 右太もも裏の張りでこの日(日本時間24日)のブルージェイズ戦の先発を回避した田中将大(26)に関して、こう言うのはヤンキース担当の米国人記者だ。

 ヤンキースはポストシーズン進出をかけ、負けられない試合が続いている。そんな重要な時期にケガで登板を一度、飛ばしたことが問題視されているわけではない。首脳陣が危惧しているのは田中の右肘だという。

 昨シーズン中に右肘靱帯を部分断裂。今季はすでに5回、中4日登板をこなしているものの、患部は完治したわけではない。

「治るどころか、右肘はいつパンクしてもおかしくない状態だと首脳陣はみています」と前出の記者がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事